2020年11月18日

逆流性食道炎・食道の運動異常の観点から

逆流性食道炎・食道の運動異常の観点から
 
Esophageal Motility Disorders and Gastroesophageal Reflux Disease
N Engl J Med 2020;383:1961-72.



21118.PNG




 食道の運動を診断するのはかなり専門分野で、消化器を嗜んだ私のような輩には異次元の世界です。
今回雑誌NEJMに食道の運動から見た逆流性食道炎の総説が載っていましたが、案の定理解に苦しみ
ました。
パソコンのトラブルと相まって、結局は記憶に残る部分だけブログすることにします。




         21118-2.PNG



 
1) 上の図の様に何層にもなる平滑筋が食道を取り囲み、それは胃壁に繋がっています。
   更にその外側を横隔膜の横紋筋が包み込みます。それが食道と胃の境目であるジャンクションで
   括約筋を形成しています。食道全体とジャンクションに知覚神経と運動神経が協同して、的確な
   食道運動を形成しています。

2) 食べたものが食道を拡張することにより、食道の蠕動を起こします。
   その蠕動運動が食道の長軸方向で短縮を起こし、食物が食道胃ジャンクションに到達すると
   括約筋の弛緩が生じて、食道が上に持ち上げられた格好でヘルニア状態となります。
   その結果食物が胃に送り込まれます。食道の蠕動が排出には直接関わっていません。
   (胃カメラをしていてこの現象をよく見かけます。)

3) 逆流性食道炎の原因は
   ・下部食道括約筋の一過性の弛緩
   ・下部食道内圧の低下
   ・食道ヘルニア  です。
   食道の蠕動運動が胃酸の逆流と、それに続く食道が胃酸に晒されるのを防ぎます。
   この食道の蠕動低下が、胃酸による食道炎を増悪させます。
   内容としては、胃酸とペプシンが食道粘膜の傷害を惹起します。
   食道粘膜が傷害されると、更に胃酸が侵入し食道粘膜の細胞間隙が広がり、食道の知覚神経の
   損傷となります。それが脳に伝達されて、胸焼けの感覚となります。




         21118-3.PNG
         21118-4.PNG

 

4) 酸ポケット(acid pocket)
   一般には食事を摂ると胃酸は中和されますが、噴門の一部は酸性のままの部位があります。
   このacid pocketが、食後にも関わらず胸焼けなど逆流性食道炎の症状の起因となります。

5) ウエスト・ヒップ比が最も逆流性食道炎と関係があります。
   体重を減らすことが有効です。アルコール、炭酸飲料、コーヒーとの関係は論争があります。
   以上、食道運動検査の項目は省略







私見)
 PPIを含めた治療に関しては、あまり参考になりませんでした。
 パソコンの不具合もあり参考文献検索できず、この辺で終了となります。
 Tさん、ご苦労さん。










posted by 斎賀一 at 19:01| Comment(0) | 消化器・PPI