2020年10月17日

新型コロナウイルスは皮膚の上で9時間も生き続ける

新型コロナウイルスは皮膚の上で9時間も生き続ける

短報



 ロイター通信によると、オックスフォードの雑誌Clinical Infectious Diseasesに、
もしも、何もしなかったら新型コロナウイルスは、人間の皮膚の上で9時間も生き続けるとの日本発の
論文が掲載されているとのことです。
死体の皮膚と、植皮を使用しての実験結果です。インフルエンザウイルスは2時間以内しか生存できないのに、新型コロナウイルスは9時間以上生存できたそうです。
80%アルコールで、15秒間の手洗いをすれば、インフルエンザも新型コロナの両方のウイルスは
死滅すると記載しています。
CDCも、20秒以上のソープでの手洗いか、60~90%アルコールでの手のこすりを勧めています。



私見)
 注意すべき事と、やる事とは同じなので、今回は原文には目を通さずに下記に掲載のみとさせて
いただきます。昔の音楽を聴いて、秋の夜長をおやすみなさい。



3 原文コロナ 皮膚 .pdf







posted by 斎賀一 at 15:58| Comment(1) | 感染症・衛生

N95マスクは肌に優しくない

N95マスクは肌に優しくない

短報



 アメリカの学会American Society for Dermatologic Surgeryで、N95マスクやサージカルマスクは、不織布マスクにくらべて顔の皮膚には優しくはないという、日頃、我々が感じている同じ内容が発表
されました。
それぞれのマスクを6時間着用して、High-resolution 3D imagingという高感度なハイテクを用いて、
皮膚を調べています。

3種類とも皮膚の刺激性、発赤、ニキビ、脂漏性を誘発しますが、不織布マスクは、皮膚の乾燥、掻痒感、
皮膚荒れは改善します。N95マスクがやはり、一番皮膚に対する有害事象が多い結果でした。
皮膚に対する圧迫と、占拠が問題としています。(当然、感染予防とは裏腹です。)



私見)
 職員の皆さんと違い、顔の皮膚が薄い、間違いました、
皮膚の敏感な私は、最近では昔懐かしアべノマスクにフェイスシールドして対応しています。



2 N95 masks may lead to greater adverse skin reactions.pdf








posted by 斎賀一 at 14:45| Comment(0) | 感染症・衛生

新型コロナは土着するのか?

新型コロナは土着するのか?

短報



 紫外線の夏が過ぎ、やがて落ち葉舞う季節を迎えようとしているのに、新型コロナは日本ばかりでなく、ヨーロッパでも収束する気配がありません。私もせめて、他のコロナの様に土着して、季節性感染症に落ち着いてくれるものと淡い希望を持っていましたが、なかなか厳しい予測をしている専門家もいるようです。その点の展望を、ケアネットの記事が纏めています。



1 COVID-19が季節性感染症になる可能性は?|医師向け医療ニュースはケアネット.pdf







posted by 斎賀一 at 13:56| Comment(0) | 感染症・衛生