2020年09月18日

積極的降圧療法は起立性低血圧を改善する

積極的降圧療法は起立性低血圧を改善する
 
Effects of Intensive Blood Pressure Treatment on Orthostatic Hypotension



20918.PNG

      

 降圧剤を服用しているが、血圧が安定したので休薬をしたいという患者さんが多くいます。
目標は無理なく120もしくは起立時にふらつかなければ、そのまま服用を継続してくださいとお話しして
いますが、なんと厳格に血圧管理をしたほうが脳循環自動調節能が回復し、起立性低血圧が減少する
との論文がでました。

 500人以上のデータがある論文をメタ解析しています。
論文の内容は、厳格治療(intensive)とプラシーボ又は厳格治療に到達しなかった群を比較しています。
起立性低血圧の判断基準は、めまいなどの症状でなく座位から起立した際の収縮期血圧が20mg以上
の低下か、拡張期血圧が10mg以上の低下としています。


1) 5研究が厳格治療群と未到着群の比較で、4研究が厳格治療群とプラシーボ群の比較です。

2) 結論は、厳格治療群の起立性低血圧の危険率は0.93と低いようです。






私見)
 「降圧剤を服用していてふらつく場合は薬のせいかもしれませんが、きちんと治療したほうがふらつき
  も減少するかもしれません。今は血圧を下げることが大事です。」
  と勇気づけましょう。
  尚、本論文を購入する気が何故か起きず、同じ研究者の論文がありましたので掲載します。







1 Effects of Intensive Blood Pressure Treatment on Orthostatic Hypotension_ A Systematic Review and Individual Participant–based Meta-analysis_ Annals of Internal Medicine_ Vol 0, No 0.pdf


2 降圧剤 起立性低血圧 (2).pdf










posted by 斎賀一 at 19:23| Comment(4) | 循環器