2020年09月17日

 糖尿病治療薬のメトグルコで軽度の貧血

糖尿病治療薬のメトグルコで軽度の貧血
 
Risk of anaemia with metformin use in type 2 diabetes



20917.PNG

 

 メトグルコは糖尿病の第一選択薬です。
それでも私は少量を旨としていますが、専門家の方や外国ではかなりの量を処方されています。
少し私に味方してくれる文献が出ていますので、ブログしてみます。


1) ランダマイズされたスタディのADOPT研究とUKPDS研究を中心に、メタ解析しています。
   もう一つはreal-world 研究のGoDARTS研究です。

2) ADOPT研究は3,967人を対象にメトグルコ、アクトス、スルフォニール系をそれぞれ単独に処方
   して、6か月、1年、最長5年間経過観察しています。
   UKPDS研究は新規糖尿病患者の1,473人を対象にメトグルコ、インスリン、スルフォニール系で
   3年、6年、9年の経過で比較しています。
   GoDARTS研究では、貧血のない糖尿病患者3,485人を1996年より調査しています。

3) 結果は
   ・ADOPT研究では、スルフォニール系と比較して危険率はメトグルコが 1.93  
    アクトスが 4.18でした。
   ・UKPDS研究は、食事療法と比較して危険率はメトグルコ 3.4 スルフォニール系 0.96 
    インスリン 1.08 でした。
   ・GoDARTS研究では、メトグルコ 1g/day増加に従って、貧血リスクが2%/年 上昇していました。




         20917-2.PNG
         20917-3.PNG




  
     
3) 考察
   メトグルコを服用していると、ビタミンB12欠乏のみでは説明できない、軽度ながらも貧血を誘発
   しています。
   十分に注意が必要ですが、メトグルコの有益性が勝るので、貧血があるからと言って中断を勧めて
   はいません。







私見)
 そんなわけで、本院でのメトグルコ(250mg)の処方は4錠までで堪忍してください。






1 本論文図.pdf

2 Risk of anaemia with metformin use in type 2 diabetes_ A MASTERMIND study.pdf









posted by 斎賀一 at 12:33| Comment(1) | 糖尿病

2020年09月15日

小児におけるインフルエンザと新型コロナ

小児におけるインフルエンザと新型コロナ
 
COVID vs Flu in Kids: Can We Breathe a Little Easier?
 


20915-2.PNG



 新型コロナが流行り始めた頃はせいぜい季節性インフルエンザに毛が生えた程度だろうと思っていま
したが、新型コロナが世界爆発した現在、これはインフルエンザとは異なる次元と多くの人が認識して
います。
 雑誌JAMAに、小児において新型コロナはかなりの部分でインフルエンザに似ているとしています。
やっぱりと少しは安堵する反面、インフルエンザの流行期においての難しさも浮き彫りになってきました。



本図表はMedscapeより引用しています。
図を見ながら解説しますと



         20915-3.PNG

 

赤が新型コロナで青がインフルエンザです。
症状はほぼ同じですが、新型コロナでは下痢が多く、小児では味覚・嗅覚障害は認められないようです。
インフルエンザをはじめとしたウイルス性呼吸器疾患は、新型コロナの診断が確立しない限り脇に追い
やられそうです。
下記の図より、入院などの重症度はほぼ同程度です。



         20915-4.PNG




 
年齢別の発生は、下記の図より5歳以下ではインフルエンザ、15歳以上では新型コロナの比率が高い
ようです。 (本院では10歳以上が発熱外来で、10歳以下はそれに準じて対応の予定です。)




         20915-5.PNG




 
問題なのは、インフルエンザは完全に回復しますが新型コロナの場合は後遺症が長引くとのデータ
があります。
死亡率に関しては、下記の図が示しますように1歳以下では両疾患ともに高率です。
 (1歳以下では、当初よりインフルエンザと新型コロナの診断をつける必要がありそうです。
  15歳以上では、経過をみて新型コロナの検査の追加も考えています。)




         20915-6.PNG




 

私見)
 日本の学会の指針では新型コロナとインフルエンザを同時に検査するようにとのことですが、実地医家
 にとっては、やや現実的でありません。
 本論文を踏まえて、年齢的な要因も考慮していきたいと考えています。





2 インフルエンザコロナ.pdf











posted by 斎賀一 at 21:03| Comment(0) | インフルエンザ

日本における新型コロナの現状

日本における新型コロナの現状
   
厚労省の発生動向
       短 報 




         20915.PNG


  

            10歳で検査を区分するのも一方でしょうか。
            職員の皆さんと相談します。





     1 コロナ 発生動向.pdf








posted by 斎賀一 at 20:10| Comment(0) | 感染症・衛生