2020年04月20日

新型コロナはPerfect Storm(完璧な嵐)ではない

新型コロナはPerfect Storm(完璧な嵐)ではない
 
Not a Perfect Storm − Covid-19 and the Importance of Language



20420.PNG




 今現在、アメリカは中国を追い越して、新型コロナ患者と死者数が世界で一番となってしまいました。
アメリカの報道では、新型コロナをPerfect Stormと譬えているとの事です。

 今回雑誌NEJMのコラム(PERSPECTIVE)に、「新型コロナをPerfect Stormと表現しては本質を
見失ってしまう。」とする論文が載っています。
Perfect Stormとは、アメリカ映画からの言語で嵐とハリケーンに見舞われた漁船の話です。
下記のPDFをご参照ください。
医学以外の論調の英文は入試を思い出して気乗りしませんので、簡単に意訳だけと話を膨らませて
ブログします。


・パンデミックをPerfect Stormと言う言語で片づけてしまうと、現状の分析から今後の対策までも
 なおざりになってしまう。更に議論を深める事もできない。
 新型コロナの流行には環境的、社会的、政治的問題が複雑に関与しています。
 流行は異常で、予測不可能な組み合わせの結果です。

・今までにも、がんやエイズなどの病気に関してのケアを妨げ、患者を疎外する恐怖と汚名を生み
 出します。
 同様に、Perfect Stormという比喩は、私たちの概念を誤って指示する可能性があります。
 実際の災害でもインフラの問題や貧困の差などが関与してくる。
 麻薬までも色々な因子が重なって社会問題として捉えているが、Perfect Stormとしてしまうと、
 核心的な製薬会社の関与の視点が欠落してしまいます。
 Perfect Storm と片づけると、積極的に見える公衆衛生の言葉の力を与えるのではなく、権限を
 削いでしまいます。

・人畜感染症では気候変動、衛生環境における追跡調査が必要です。
 パンデミックでは医薬品とワクチンが決め手と考えられますが、本来は流行の予防が大事です。
 エイズは致命的な病気でしたが、エイズの活動家の協調的な政治的行動によりワクチンがない場合
 でも、致命的なパンデミックの流れを変えることができることを実証しました。

・病気をコントロールするために、治療に頼るよりも初期段階での広がりを防げます。
 しかし現実は流行が出現する前に予測せず、予防する能力を軽視しています。
 病気の追跡と監視、科学研究、公衆衛生インフラへの長期的な投資が、次の新たな脅威を封じ込める
 鍵であることが明らかとなっています。
 単に人間行動の制限だけでなく、インフラを含めたシステムの再構築を勧める事により、パンデミックの
 予防は無限に低コスト化を図れます。 




 
私見)
 世界がパンデミック対応に戦争状態です。
 グローバル社会の弊害も指摘されています。各国の国内事情により混乱も増幅しています。
 残念ながら日本においても医療制度の脆弱さ、行政指導の欠点、危機管理の政治的な問題点などが
 あぶり出されています。更には本院における診療態勢の不備も院長自ら認識させられました。

 未だに楽観論者の私は、紫外線が新型コロナを終息に導いてくれると信じています。
 しかしパンデミックは必ず又襲ってきます。

 未だ日本では「破壊的なPerfect Storm」ではありません。
 本院も日々検討しシステムの改善に努めたいと思います。
 医療崩壊は内部からも起きるかもしれません。
 
 




perfect so.pdf









posted by 斎賀一 at 18:28| Comment(1) | 感染症・衛生