2020年03月23日

肺炎を心配して抗生剤を処方しなくても良い?

肺炎を心配して抗生剤を処方しなくても良い?
 
Antibiotic Use and Outcomes in Children
in the Emergency Department With Suspected Pneumonia
PEDIATRICS Volume 145, number 4, April



20323.PNG



 小児の救急外来(ED)で肺炎の疑いがある場合に、抗生剤を処方しても結果において差はなかった
との論文が、雑誌PEDIATRICSに掲載されています。

 肺炎の診断の基本(gold standard)は胸部レントゲンですが、小児の場合にやみ雲に撮るのには
抵抗があります。また、色々なガイドラインがありますがどれも十分には結果が出せていません。
しかもCDCによりますと、小児の場合にはレントゲンで肺炎と診断して入院をしても、細菌の同定が出来るのはたったの15%との事です。しかし抗生剤の処方は、入院前に既に88%されているそうです。
細菌性の肺炎の一番はマイコプラズマ症で、一般的な抗生剤では効果がありません。
つまり入院を必要としない肺炎の疑いの小児においては、細菌性の可能性は低く殆どがウイルス性で
抗生剤の処方は必要ないと推測されます。
発展途上国のアフリカでは、ペニシリンを服用した群とプラセボ群では、結果(outcome)は93%と同じ
とのデータもあります。


 本論文を纏めてみますと (注意点としてアメリカのEDは、日本の救急外来とは異なります。)

1) 対象は3~18歳の肺炎の疑いで受診し、レントゲンでは引き続き入院の必要性が無いと診断された
   小児を対象にしています。
   肺炎(下気道感染症)の疑いの定義は;咳、痰、胸痛、呼吸苦、過呼吸、胸部レントゲン異常です。
   (やや分かりづらいので下記の図をご参照ください。)




          20323-2.PNG



      
2) 337名が対象となりましたが、比較対象が出来る294名が最終的に抗生剤を服用する群と、
   服用しない群に振り分けられています。  (処方の抗生剤の種類は記載されていません。)
   主要転帰は治療の失敗; ED退院後の再入院、抗生剤の変更のための再受診
                    ED受診後、7~15日以内の抗生剤の変更

   二次転帰は保護者の観察で、患児のQOLの変化です。
   内容は; 診察時のSpo2、皮膚の色、capillary refill time、うめき声、頭のふらつき、
         陥没呼吸、呼吸音の変化、です。

3) 結果
   主要転帰は、抗生剤服用群と非服用群で差はありませんでした。
   再受診率も差がありませんでした。(服用群は3.4%対非服用群は3.4%)
   抗生剤の開始又は変更は、服用群で4.8%対非服用で6.1%です。
   二次転帰も両群で差はありませんでした。

4) 結論
   (レントゲンで入院の必要性が無いと判断された)肺炎疑いの小児では、抗生剤の服用は
   その後の転帰には影響がない。 (しかし、家庭内の経過観察が必要になる。)






私見)
 本論文を勝手に本院用に解釈しますと
 「胸部の聴診でやや喘鳴が聴き取れます。採血で炎症の程度を示すCRPが軽度上昇していますが
  肺炎の心配はあまりないので、レントゲンは今日は撮りません。
  プロカルシトニンも軽度の上昇ですので、抗生剤は必要ないようです。しかし今後5%程度は肺炎で
  検査が必要になるかもしれませんので、家庭内で十分注意して下記の点をチェックしてください。 
  ・水分の補給 ・顔色 ・呼吸数が増加していないか ・呼吸音の変化 ・頭のふらつき
  ・うめき声 ・capillary refill time ・陥没呼吸(看護師が説明します。)
  これらの症状があれば、来院又は電話連絡してください。」






小児 Antibiotic Use and Outcomes.pdf








 
posted by 斎賀一 at 18:33| Comment(0) | 小児科