2020年03月06日

 新型コロナウイルスには2つのタイプがある?

 
新型コロナウイルスには2つのタイプがある?
     <短 報>



 アメリカのロイター通信からの報告です。ソース元は中国の環球時報です。
今、報道でも盛んに取り上げられていますが、内容をチェックしてみました。


1) 人と感染原因の動物より、ウイルスを遺伝的に調べています。

2) 感染力が強く進行性のあるaggressive typeと、感染力の弱い病気の進行がマイルドな
   less aggressive typeの2つがあり、武漢での流行はaggressiveでした。
   一方、その他の中国で流行している株はless aggressiveで、従来からのコウモリ由来の
   ウイルスとの事です。

3) しかし、データが限定的で今後更に疫学調査を広げなくてはならないし、動物実験も併せて実施
   しなくてはならく、結論が出るにはかなりの時間と困難があるとしています。

4) 中国本土では流行は終息傾向であり、寧ろ現在は韓国や日本の方が危険国としてみなされており、
   それらの国からの帰国を希望している中国人の受け入れを、中国当局は検討中としています。


 ソース元の環球時報の内容には大変興味深い事が書かれています。
新型コロナウイルスは、環境とヒトにより色々な変異を繰り返している。
現在、武漢で流行している株は中国で発生したのではない可能性があるとしています。
 (この事が言いたいがための論文ではないかとさえ思いますが ...?)






私見)
 何やらオセロゲームを見ているようです。
 一般的に今現在では新型コロナウイルスの変異は報告がありませんが、今後の展開は注意する必要が
 ありそうです。
 尚、環球時報は皆さんもご存じのように中国共産党のアドバルーン的働きがあり忖度を得意とする
 報道機関であり、私としては今後の世界からの発信に注目したいと思います。







1 us-health-coronavirus-china-tol.pdf1.pdf

英語版.pdf










posted by 斎賀一 at 18:21| Comment(0) | 感染症・衛生