2020年02月14日

長期的観察においてもプロカルシトニンの効果はない?

長期的観察においてもプロカルシトニンの効果はない?
 
Longer-Term Outcomes of the ProACT Trial
n engl j med 382;5 nejm.org January 30, 2020
  


20214.PNG
 
   

 本院でもプロカルシトニンを測定して抗生剤の有効利用を目論んでいる矢先に、嫌な論文がまたしても
出ました。
2018年に雑誌NEJMに掲載されたProACT研究のその後の発表です。


 まずProACT研究の概略を説明しますと、
下気道感染疑いで救急部を受診した患者で、治療にあたった医師が抗菌薬治療の適応があるか確信がもてなかった例を対象に、826 例をプロカルシトニンを用いた群、830 例を通常治療群に無作為に割り付けています。
 結果はプロカルシトニン群と通常治療群とで、30 日以内の抗菌薬投与日数(平均はそれぞれ 4.2 日と 4.3日や、30 日以内に有害転帰を起こした患者の割合11.7% [96 例] と 13.1% [109 例]に有意差は認められませんでした。
結論として、プロカルシトニン検査結果を解釈の説明書とともに提供しても、通常治療と比較して、下気道感染が疑われる患者での抗菌薬使用は減少しなかった。
   (日本版コピペ)



         20214-2.PNG

         20214-3.PNG
  
  


 今回の論文では2次転帰を90日と、1年後の死亡率としています。
結果は下記のグラフの様に、色々な疾患別でもその差はほとんどありませんでした。




         20214-4.PNG
 


つまるところ、
下気道感染症に対してプロカルシトニンを用いても、30日間での抗生剤の投与の減少には繋がらず
90日、更には1年後の死亡率の減少にも無効であった。






私見)
 何事もブレ易い自分はブレない事を信条にしています。
 プロカルシトニンは、実地医家でセッティングを慎重に行えば有効だと思っています。
 測定機械は購入の方向ですから、職員の皆さん手順を決めておいてください。
 尚、以前の関連ブログを下記に掲載します。







1 プロカルシトニンのストラテジー.pdf

2 新生児に対するクライテリア.pdf

3 急性呼吸器感染症におけるプロカルシトニン測定_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

4 実地医家にとって迅速診断は命_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

5 生後2か月以内の乳児の発熱時の評価判断_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

6 生後3か月以下の乳児の発熱に対する対応_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf












posted by 斎賀一 at 18:33| Comment(0) | 感染症・衛生