2020年02月10日

米国予防接種スケジュール・2020年版

米国予防接種スケジュール・2020年版
 
Recommended Adult Immunization Schedule, United States, 2020*
 


20210.PNG



 残念ながら、ワクチンのガイドラインは多くがアメリカ発に追従の印象です。
今年度も例年とさほど違いはないようです。


1) インフルエンザ
   各学会のガイドラインに沿っています。
   卵アレルギーの場合は、発疹程度なら特に接種しても構わない。
   発疹以上の症状があれば専門家の監視の基に接種

2) 麻疹、おたふく、風疹
   専門学校や大学(postsecondary)の学生で
   以前にMMRの接種が無い場合は、4週間あけて2回接種
   以前に1回接種してあれば、1回の追加接種
   (日本では抗体検査を行う事が多いので、若干異なります。)



          20210-2.PNG



     
3) 肺炎球菌ワクチン
   65歳以上の人が23価ワクチン(ニューモバックス)を接種して、5年以上経ってから2回目を
   考慮した場合、13価ワクチン(プレベナー)を接種するかは特に勧奨するのでなく、医師
   (shared clinical decision-making)との相談で総合的に決定となっています。






私見)
 下記に文献をPDF化して掲載します。
 肺炎球菌ワクチンについては以前にブログしてありますので、ご参照ください。







1 スケジュールワクチン .pdf

2 本論文.pdf

1  65歳以上の肺炎球菌ワクチンについて_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

2 肺炎球菌ワクチン雑感_ _Font Size=_6_斎賀医院壁新聞_Font_.pdf

















posted by 斎賀一 at 18:00| Comment(0) | ワクチン