2020年01月16日

大腸ファイバーの適切な検査間隔は?

大腸ファイバーの適切な検査間隔は?
       <短 報


 最近は大腸がんの罹患率が増加傾向です。
そのため大腸がん検診及びその後の大腸ファイバーの受診率向上も課題です。
従って、患者さんにも負担の多い大腸ファイバー検査の間隔はどの程度にしたらよいか、議論が分かれていますが、一般的に5年としています。
 以前の私のブログでも何回か紹介していますが、今回雑誌BMJより初回に大腸ファイバーが陰性
(正常)の場合、次回の検査は10年後で良いとするメタ解析の報告がありました。



1) 28の研究論文をメタ解析しています。
   初回の大腸ファイバー(index colonoscopy)で所見がない人を対象にしています。

2) 全体的な良性の腺腫性ポリープ及び大腸癌の発生を調べました。
    1~5年では20.7%の発生
    5~10年では23.0%
    10年以上では21.9%の発生頻度でした。
   その殆どが良性のポリープでした。一般的には年数が経つに従って、大腸ポリープの発生頻度も
   増加すると予測されますが、年数によってもあまり相違がありませんでした。
   理由として、大腸ポリープは進展が遅いかもしれませんが、9mm以下のポリープは見逃されている
   可能性も推測しています。

   悪性腫瘍(大腸癌、9mm以上のポリープ、絨毛状パターン、グループ4)の発生の頻度に絞りますと
    1~5年で2.8%
    5~10年で3.2%
    10年以上で7.0%でした。

3) 現在のガイドラインと同じように、初回の大腸ファイバーが異常なければ10年以内に再検査を実施
   すれば良いようです。なぜなら悪性腫瘍発生の危険は、10年以内なら僅か3%としているからです。





私見)
 マイナス思考の私としましては、大腸ファイバー検査で異常なしとしても、9mm以下の小さな
 ポリープは最大で15%見落としている可能性があります。
 また、5年過ぎると3%の悪性腫瘍が発生しているかもしれません。
 本院では従来通り、5年後の再検をお勧めします。






大腸ファイバー negative colonoscopy in average risk.pdf











posted by 斎賀一 at 14:09| Comment(0) | 消化器・PPI