2020年01月15日

武漢の新型肺炎:コロナウイルス

武漢の新型肺炎:コロナウイルス

Outbreak of Pneumonia of Unknown Etiology (PUE) inWuhan, China
 


20115.PNG



 アメリカのCDCより、中国の武漢で発生した新型肺炎に関する警告が出ています。(HAN)

1) 2020年1月5日より、原因不明の肺炎が武漢で発生したとの報告がWHOになされました。
   WHOは今までにないコロナウイルスと断定しています。

2) 59例が報告されています。7例が重症で、他は安定した状態です。
   現在まで人-人感染はありませんし、医療従事者の感染も報告されていません。
   症状は、発熱、呼吸困難、レントゲンで両側性の浸潤影です。
   原因としては動物由来のコロナウイルスで、感染経路は不明ですが武漢の卸売りの魚および
   動物市場との接触が問題視されています。
   WHOの指導の下に市場の消毒がなされ、その後の感染者は発生していません。

3) 医療機関は武漢からの渡航者、発熱、呼吸器症状のある人にはサージカルマスクを着用させ、
   診療の場合は個室で行い、医療従事者はN95マスクを着用するよう勧めています。







1 CDC 新型肺炎 .pdf

2 新型コロナ.pdf














 
posted by 斎賀一 at 18:29| Comment(0) | 感染症・衛生