2019年09月20日

静脈血栓塞栓症(VTE)に対するDOAC(エリキュースとイグザレルト))

静脈血栓塞栓症(VTE)に対するDOAC(エリキュースとイグザレルト)
 
Systematic review and meta-analysis of the efficacy and safety of
apixaban compared to rivaroxaban in acute VTE in the real world
 


0920.PNG

     

 静脈血栓塞栓症(VTE)とは、肺血栓塞栓症(PE)と深部静脈血栓症(DVT)を併せた疾患概念です。
それらは迅速な診断と治療を要します。
心房細動で処方されるDOACがヘパリンに変わり、VTEにも用いられています。
DOACの中でもエリキュースとイグザレルトが、プラザキサやリクシアナよりも多く処方される傾向の
ようです。
今回の論文はVTEに関して、このエリキュースとイグザレルトとのガチンコ勝負をメタ解析した論文が
出ています。


1) 心房細動の無い急性のVTE患者24,041人を対象に調べています。

2) 主要転帰は6か月後のVTEの再発率、及び重大な出血と軽症の出血です。

3) 結果は
  ・VTEの再発率は、エリキュースが1.14%、イグザレルトが1.35でほぼ同等です。
  ・比較的重症の出血は、エリキュースが0.74%、イグザレルトが1.03%です。
  ・軽症の出血は、エリキュースが4.95、イグザレルトが8.77です。

4) 考察として効果は同等ですが、副作用の出血に関してはエリキュースの方が優位なようです。
   これは、エリキュースが1日2回の服用である事の薬物動態によるところが大きいと解釈しています。
    (eak-to-trough ratio)







私見)
 患者さんの服用回数の希望にもよりますが、エリキュースが無難でしょうか。








1 VTE.pdf

2 NOAC.pdf












posted by 斎賀一 at 17:28| Comment(0) | 循環器