2019年09月19日

大腸癌検診に隔年の便潜血は有効

大腸癌検診に隔年の便潜血は有効
 
Diagnostic Yield of One-Time Colonoscopy vs One-Time
Flexible Sigmoidoscopy vs Multiple Rounds of Mailed Fecal
Immunohistochemical Tests in Colorectal Cancer Screening



0919.PNG




 隔年の便潜血反応検査(FIT)は1回ぽっきりの大腸ファイバー(TCF)や、S字状結腸ファイバー
 (SCF)よりも有効との論文がありました。


纏めますと

1) 50~74歳の症状のない30,007名を対象にしています。
   隔年のFIT群は郵送で実施し15,046名、1回だけのSCF群が8,407名、
   1回だけのTCF群が6,600名の3群の比較です。
   FIT陽性者はTCFを勧めますし、SCFで下記の所見のポリープが存在した場合は、続けてTCFを
   勧めています。(10mm以上、villous pattern、高異型性、20mm以上の過形成ポリープ、
   鋸歯状(SSA)、3個以上のポリープ)

2) 主要転帰は、其々の3群で見つかったCRC(結腸及び直腸の悪性度が高い病変)の累積数です。

3) 累積受診率はFITが77%、SCFが31%、TCFが24%です。
   累積CRC発見率はFITが4.5%、SCFが2.3%、TCFが2.2%でした。
   スクリーニング検査としての累積CRC発見はTCFが9.1%と一番高く、次がSCFの7.4%で
   FITは6.1%でした。
   スクリーニングでは陰性でも、次に大腸がんが見つかる確率は、FITで0.13%、
   SCFで0.09%、TCFで0.01%でした。

4) FITはCRCを発見するスクリーニング検査としては、十分にその価値があると結論づけています。
   本論文でのCRCは、大腸癌を直接意味しませんので注意してください。
   又、FITとはこの場合に便潜血陽性を意味します。







私見)
 スクリーニング検査としての精度はTCFが勝りますが、累積受診率はFITがTCFの3倍もあり、当然その
 結果、FITの累積発見率は一番高くなります。
 ザックリと言って、FITが陽性の場合に悪性度が高い結腸病変の確率は20人に1人ですが、スクリー
 ニングとしてTCFを行った場合は10人に1人の割合となります。


 そこで本院からの提案は

 ・少なくとも2年に1回は、便潜血反応の検診を受ける。
  検診目的で大腸ファイバーを希望する場合は、原則10年に1回は受けてください。
 ・一回でも便潜血が陽性ならばそれは確率の問題なので、それ以上便潜血検査を行っても意味がない。
  次のステップとして、大腸ファイバー検査を受けてください。
 ・痔のある方は便潜血検査を受けずに、10年に1回の大腸ファイバーでの検診を受けてください。

尚、以前のわたしのブログも参照ください。 (便潜血で検索)
便潜血陰性の場合の、偽陰性が問題です。






Diagnostic Yield of One-Time Colonoscopy vs One-Time Flexible Sigmoidoscopy .pdf






posted by 斎賀一 at 14:07| Comment(1) | 消化器・PPI