2019年08月24日

DOAC(抗凝固薬)の中断と再開

DOAC(抗凝固薬)の中断と再開

Perioperative Management of Patients With Atrial Fibrillation
Receiving a Direct Oral Anticoagulant




0824.PNG



 心房細動でDOACを服用している人が、待機的(予定して)手術をする際には、
事前に服用を中断する必要がありますが、それによって動脈血栓性疾患が誘発されないか、又服用を再開して出血の危険が増加しないかは懸念される問題です。
ガイドラインにそって適切に対応すれば安全性は高いとの論文が出ました。


 纏めますと、

 1) 2014~2018年にかけて心房細動でDOACを服用している人で、待機的手術か、処置を行った
    3,007名を登録しています。
    18歳以上の人で平均年齢は72.5歳です。
    
    レジメとしては、
     
     ・出血の危険が低い処置の場合は、術前1日前に中断し、再開は術後1日後としています。
     ・出血の危険が高い処置の場合は、術前2日前に中断し、再開は術後2~3日後としています。
      主要転帰は術後30日での大出血、血栓性疾患(脳梗塞、一過性脳虚血発作、
      全身の血栓症)としています。

 2) DOAC服用状況は、エリキュースが41.8%、プラザキサが22.2%、
    イグザレルトが36.0%でした。(最新のリクシアナは記載有りません)
    出血の危険が高い処置は1007例で、33.5%です。

 3) 30日以内での結果は、
    大出血は、エリキュースが1.35%、プラザキサが0.90%、
    イグザレルトが1.85%でした。
    血栓性疾患の発生は、エリキュースで0.16%、プラザキサが0.60%、
    イグザレルトが0.37%でした。

    出血の危険が高い処置の場合での大出血のリスクは、エリキュースで2.96%、
    イグザレルトで2.95%でした。

 4) 結論としては、手術の30日の評価では大出血のリスクは2%以下で、
    動脈性の血栓性疾患の発生は、1%以下と安全性は高いとの評価です。




私見)
 プラザキサの中和剤を敢て使用しなくても待機的手術の場合は安全性が高いようです。
 (勿論反対意見はあるようです)



Perioperative Management of Patients With Atrial Fibrillation Receiving a Di.pdf








posted by 斎賀一 at 16:18| Comment(0) | 循環器