2019年08月20日

小児及ぶ青年の片頭痛に対する予防薬のガイドライン

小児及ぶ青年の片頭痛に対する予防薬のガイドライン

Practice guideline update summary:
Pharmacologic treatment for pediatric migraine prevention



0820.PNG
 



 小児における片頭痛は診断するのが大変ですが、その予防となると更に難題です。予防薬に対する
ガイドラインが出ましたが、残念ながら結論的には実地医家にとってはあまり参考になりませんでした。
以前のブログも参照ください。

取りあえず要約しますと、

 1) 一般的な頭痛を誘発する生活要因が、片頭痛ともオーバーラップする。
    例えば、カフェイン、飲酒、運動不足、睡眠不足、喫煙。
    更に鬱状態は、片頭痛と関連が指摘されている。
    特に、体重の減少が片頭痛の改善に繋がるとの論文もある。
    結局、片頭痛も普通の頭痛も注意点は同じです。

 2) β遮断薬のプロプラノロール(インデラール)は、片頭痛の頻度を50%
    減少出来る。(本院ではあまり乗り気にはなれません。)

 3) 向精神薬のトリプタノールと、精神行動療法を組み合わせれば、頻度を50%以上も
    減らすことが出来る。(青年の場合は検討か)

 4) 小児や青年では、そもそもプラシーボ効果があるために、薬剤における効果判定が難しい。
    (なんでも効果あり?)

 5) カルシウム拮抗薬は十分なエビデンスがない。

 6) 抗てんかん薬も十分なエビデンスがない。

 7) 精神的にネガティブな傾向は、片頭痛と直接は関連性がないとする研究が多いが、
    関連性を指摘する論文も散見される。(鶏と卵)



私見)
 若年者の片頭痛は、診断も予防投与も難題です。
 上記の1)を丁寧に説明していく事が大事の様です。
 ガイドラインに対してイチャモンを付ける感じで申し訳ありませんが、
 予防薬はないと言う事を教えてくれるガイドラインです。

 本論文の表と「今日の臨床サポート」からPDFしました。参照ください。



小児の片頭痛 診断と予防.pdf

pediatric migraine.pdf







posted by 斎賀一 at 21:07| Comment(1) | 小児科