2019年08月16日

大腸ポリープの危険率

大腸ポリープの危険率
 
Long-term Risk of Colorectal Cancer After Removal
of Conventional Adenomas and Serrated Polyps



0816.PNG




 前回のブログと同じような内容の論文ですが、纏めてみました。


1) 1989~2013年の間に、大腸ファイバー(S字状結腸スコピーを含む)を受けた123,000名を対象と
   しています。経過観察は平均で10年です。

2) 結果は、ポリープがない人を比較対象とし、10年後の結腸直腸癌(CRC)の発生を危険率で表して
   います。

   ・どの様なポリープでもあれば、その危険率は 2.61
   ・進行性のポリープは  4.07  (10mm以上、グループ4、絨毛状パターン)
   ・進行性でないポリープでは  1.21
   ・全ての鋸歯状ポリープは  1.52
   ・10mm以上の鋸歯状ポリープは  3.35
   ・10mm以下の鋸歯状ポリープは  1.25





私見)
 どのようなポリープでも10mm以上ならば、その後他の部位に進行性の大腸腫瘍が発生する危険率が
 高くなるので、3年後の再検が必要となります。
 しかし10mm以下ならば、新たに他の部位にCRC(結腸直腸癌)が発生する危険は低いので、10年後
 に再検でも良いようです。
  (本院では5年後に再検をお勧めしています。)






Long-term Risk of Colorectal Cancer After Removal of Conventional Adenomas a.pdf









posted by 斎賀一 at 20:04| Comment(0) | 消化器・PPI