2019年08月02日

ビタミンB12製剤(メチコバール)は経口薬でよい

ビタミンB12製剤(メチコバール)は経口薬でよい
 
Prevalence of Inappropriateness of Parenteral
Vitamin B12 Administration in Ontario, Canada
  JAMA Internal Medicine Published online July 15, 2019


0802.PNG




 一般的な鉄欠乏性貧血は、赤血球の材料の鉄が不足するので小さな赤血球しか作れません。
つまり小球性貧血です。ビタミンB12欠乏症は、赤血球の製造過程の問題で大球性貧血を起こします。
多くは胃切除をした人が対象です。
薬理学的問題で、今まではビタミンB12製剤のメチコバールは筋注が必要でした。しかし最近では、
経口薬のメチコバール1500㎍(3錠)でも有効との文献があります。

 今回雑誌JAMAのletterより、メチコバールの不適切な処方が多いと指摘されています。

その内容は
・経口より筋注が有効だと思っている。
・血中ビタミンB12を測定していない。




         0802-2.PNG






私見)
 ・大赤血球性貧血の患者さんはその原因を調べる。
 ・胃の手術の既往のある患者さんにも、最初は経口メチコバールを処方する。
 ・3か月後に血中ビタミンB12濃度の増加傾向が認められなければ、メチコバール筋注も検討
 ・その後も6カ月に1回は、血液検査を行う。

 以上の方針とします。






T岩手県立病院.pdf

2メチコバール文献.pdf

3フオイパン.pdf