2019年08月26日

スタチン(脂質異常症治療薬)に肝細胞癌の予防効果あり

スタチン(脂質異常症治療薬)に肝細胞癌の予防効果あり
 
Lipophilic Statins and Risk for Hepatocellular Carcinoma
and Death in Patients With Chronic Viral Hepatitis



0826.PNG




 スタチン系薬剤は脂溶性と水溶性があります。
それぞれに特色がありますが、この脂溶性の方にウイルス性肝炎(B型、C型肝炎)から肝細胞癌への
進展を予防する可能性があるとの論文がでました。


以前の私のブログを抜粋します。

 「C型肝炎ウィルスは、抗体が出来てもその免疫から逃れて(エスケープ)、肝細胞の中に生き残って
います。それは人体の脂質代謝と関連がありそうです。脂質のリポ蛋白とウィルスが結合する事により、免疫機能から逃れており、その結合物質が肝臓の脂質代謝の受容体(レセプター)を通して、肝臓の中に侵入するようです。 
 ハーボニー(肝炎治療薬)で効果のあった人100人を調べました。
脂質のアポーEとアポーAUが治療後に低下していました。肝炎ウィルスと脂質代謝の解明が今後の治療選択になってくれればと思います。」                           2016年1月16日より




脂溶性スタチンはリピトール、リバロ、リポバスです。


         0826-2.PNG



 結論として、ウイルス性肝炎患者の10年後を比較すると、脂溶性スタチン服用者では肝細胞癌の発生が3.3%に対して、服用していない場合は8.1%でした。
服用しているとその危険率は0.56と減少します。





私見)
 ウイルス性肝疾患の人に脂溶性スタチンを使用すべきかは、今後の課題としています。
 肝炎ウイルスと脂質代謝の関係がありそうです。
 今後の研究が待たれます。





スタチン.pdf

スタチンと肝癌.pdf















2019年08月24日

DOAC(抗凝固薬)の中断と再開

DOAC(抗凝固薬)の中断と再開

Perioperative Management of Patients With Atrial Fibrillation
Receiving a Direct Oral Anticoagulant




0824.PNG



 心房細動でDOACを服用している人が、待機的(予定して)手術をする際には、
事前に服用を中断する必要がありますが、それによって動脈血栓性疾患が誘発されないか、又服用を再開して出血の危険が増加しないかは懸念される問題です。
ガイドラインにそって適切に対応すれば安全性は高いとの論文が出ました。


 纏めますと、

 1) 2014~2018年にかけて心房細動でDOACを服用している人で、待機的手術か、処置を行った
    3,007名を登録しています。
    18歳以上の人で平均年齢は72.5歳です。
    
    レジメとしては、
     
     ・出血の危険が低い処置の場合は、術前1日前に中断し、再開は術後1日後としています。
     ・出血の危険が高い処置の場合は、術前2日前に中断し、再開は術後2~3日後としています。
      主要転帰は術後30日での大出血、血栓性疾患(脳梗塞、一過性脳虚血発作、
      全身の血栓症)としています。

 2) DOAC服用状況は、エリキュースが41.8%、プラザキサが22.2%、
    イグザレルトが36.0%でした。(最新のリクシアナは記載有りません)
    出血の危険が高い処置は1007例で、33.5%です。

 3) 30日以内での結果は、
    大出血は、エリキュースが1.35%、プラザキサが0.90%、
    イグザレルトが1.85%でした。
    血栓性疾患の発生は、エリキュースで0.16%、プラザキサが0.60%、
    イグザレルトが0.37%でした。

    出血の危険が高い処置の場合での大出血のリスクは、エリキュースで2.96%、
    イグザレルトで2.95%でした。

 4) 結論としては、手術の30日の評価では大出血のリスクは2%以下で、
    動脈性の血栓性疾患の発生は、1%以下と安全性は高いとの評価です。




私見)
 プラザキサの中和剤を敢て使用しなくても待機的手術の場合は安全性が高いようです。
 (勿論反対意見はあるようです)



Perioperative Management of Patients With Atrial Fibrillation Receiving a Di.pdf








posted by 斎賀一 at 16:18| Comment(0) | 循環器

2019年08月22日

スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者でも継続服用を!

スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者でも継続服用を!
 
Cardiovascular effect of discontinuing statins for
primary prevention at the age of 75 years:
a nationwide population-based cohort study in France
 


0822.PNG



 75歳でもスタチンを継続服用していないと、その後に心血管疾患を起こす可能性が増すとの論文が、
フランスより発表になりました。


纏めますと

1) 登録者は2012〜2014年に75歳になった人で、更に下記の条件をクリアーした人です。
   ・心血管疾患の既往がない人 (つまり一次予防効果)
   ・試験(トライアル)の2年前まで、スタチンを正確に80%以上服用していた人

2) トライアルは、その後もスタチンを継続服用した群と、連続して3か月間以上服用を中断した群で
   比較検討しています。

3) 主要転帰は心血管疾患による入院率です。
   全体で120,173名が登録しています。
   両群の比較期間は、平均で2.4年間です。
   中断した群は、17,204名(14.3%)です。
   心血管疾患で入院した人は、5,396名(全体の4.5%)です。

4) 中断した群の危険率は
   ・全ての心血管疾患では、1.33
   ・冠動脈疾患では、1.46
   ・脳卒中では、1.26
   ・その他の心血管疾患では、1.02 でした。

5) 結論として
   75歳になったからと言って急にスタチンを中断すると、そのリスクは33%も増加する。






私見)
 以前の私のブログで紹介しましたスタチンのレガシー効果(遺産効果)に対して、高齢者の場合は
 「そんなのないよ。」と言いたいような結論です。
 「なんなんだよ。年寄はたったの3か月以上何もしなかったら遺産はパーかよ!」
 75歳を迎える私としましては、この論文はまるで僕の事みたい。






effect of discontinuing statins.pdf










posted by 斎賀一 at 14:53| Comment(0) | 脂質異常