2019年06月29日

熱中症・再考

熱中症・再考
 
Heatstroke
  N Engl J Med 2019;380:2449-59.



0629.PNG

   

 熱中症に関して恥ずかしながら私は誤解していた点があり、今回の雑誌NEJMを通読して考えを新たにしましたので、纏めてブログにしてみました。



1) 熱中症は熱の蓄積が発散を上回る時に発生しますが、安静時において高温多湿や熱波に晒される
   場合と、運動による発熱の過剰産生の場合があります。
   つまり古典的(受動的)と活動性(労作時)の2種類があります。

2) 古典的熱中症
   基礎疾患のある高齢者に多い。
   最近ではヒートアイランドや、地球温暖化も大いに関与している。
   年少児は体の大きさに比較して循環血液量が少なく、熱の発散には不適である。
   乳幼児が暑い時期に車の中に閉ざされると、数時間で命の危険が及ぶ。

3) 労作時熱中症
   散発的に発生する。通年性つまり何時でも起こる。
   以前に同様な運動をしていても、ある時に発生する事もあり油断は禁物
   運動開始から60分以内でも発生する。コーチ、相手の選手、モチベーション、イベントの種類
   (周りの音楽など)により影響を受けてしまう。
   アルコール飲も危険因子

4) 発生機序は古典的と労作時では異なります。
   以下省略

5) 診断
   三大症状として、・発熱 ・神経症状 ・古典的は高温多湿、労作性は運動
   頻脈、多呼吸、低血圧は一般的である。
   皮膚は労作性ではウエットで、古典的ではドライです。
   体温の測定が重要で、40.5°以上が問題となる。
   (マラソンランナーはゴール後に体温が高いのは常識)
   直腸温が基本であるが、測定の不適切や他の方法での検温などで診断が遅れると、誤診に繋がる。
   神経症状は熱中症では避けられないが、体温が40.5°以下では回復する。
   しかし、小脳性運動失調、構音障害、認知障害、順行性健忘症は、数週間から数か月持続する
   ことがある。
   多臓器障害は24~48時間後に出現するので、注意が必要
   ある研究では熱中症後の死亡率は、一般と比較して数年後に増加とのデータあり。
   (熱中症を起こした高齢者は予後が悪い事を示唆しています。)

6) 鑑別診断
   髄膜炎、脳炎、てんかん、薬物中毒

7) 治療
   基本は体温の低下管理です。目標は39°以下。
   (本院では高温発熱時には、二次施設への転送が基本です。)
   解熱剤は無効であり、有害でもある。
   点滴治療は本質ではなく、クーリングである。
   当然ながら脱水に対しては点滴500ccを2本/1時間
   補水及び点滴量は30cc/kgが基本量で、尿量管理は50cc/kg/時間以上
   クーリングが基本で、3分で1℃下げるのを目標とする。
   氷は必ずしもないので4°以下の十分量な水を体に注いで、5分で0.5°下げるのを目標に
   しても良い。
   効果は不定だが、高齢者には冷たい水のimmersion(水風呂も可?)も有効
   海外にはクーリングのデバイスが進化しています。






私見)
 熱中症には二つのタイプがあり、病態生理的に異なっているようです。
 基本的には熱の蓄積ですので、治療はクーリングが大事です。
 直腸温の測定とクーリングに関して、職員の方と議論しましょう。
 (クーリングのデバイスも改良されています。)
 以前の私のブログもご参照ください。



         0629-2.PNG



 拙訳をPDF化して下記に掲載しました。




熱中症の分類.pdf

熱中症最新事情.pdf










posted by 斎賀一 at 16:17| Comment(2) | その他