2019年06月24日

5mm以下の大腸ポリープについて;その2

5mm以下の大腸ポリープについて ; その2
 
Incidence of Advanced Colorectal Neoplasia in Individuals
With Untreated Diminutive Colorectal Adenomas Diagnosed
By Magnifying ImageEnhanced Endoscopy



0624-2.PNG




 5mm以下の微小大腸ポリープ(diminutive)を切除(polypectomy)しないと、5年後にどうなって
いるかという論文が、日本の研究者より発表になっています。


纏めますと

1) 最初に大腸ファイバーでスクリーニングをして、ポリペコトミーを実施しなかった1,378名を対象に
   5年後(60.9カ月)の経過観察を行っています。
    グループA ; 未治療のdiminutive polyp  361名
    グループB ; ポリープの無い人       1,017名

2) advanced colorectal neoplasia (進行型の結腸腫瘍) ; ACN
     グループAのACNの発生は  1.4%
     グループBのACNの発生は  0.8%
    5年後に当該ポリープ(index polyp)からACNは進展していません。
    上記の様にdiminutive polypがあると、新たに別の部位に若干の頻度の多さでACNが発生
    していますが、統計的には有意差はありませんでした。
 
3) 喫煙により、グループAは危険率が1.43でACNが発生します。
4) 結論として、5mm以下のポリープに関しては過度な経過観察は必要がないとしています。





私見)
 大腸ポリープのある人に対して、禁煙を指導すべきとしています。







2 Incidence of Advanced Colorectal Neoplasia in Individuals With .pdf











posted by 斎賀一 at 21:36| Comment(1) | 消化器・PPI

5mm以下の大腸ポリープについて;その1

5mm以下の大腸ポリープについて ; その1
 
Association of small versus diminutive adenomas and
The risk for metachronous advanced adenomas:
Data from theNew Hampshire Colonoscopy Registry



0624.PNG



 大腸ポリープの大きさが5~9mmをsmall、4mm以下をdiminutive(微小)と、本論文では定義して
います。 (論文によっては5mm以下をdiminutiveとしています。)


論文を纏めますと

1) グループA ; 1〜2個の何れもdiminutive
   グループB ; 1〜2個のどちらかはsmall
   グループC ; 3〜10個の全てがdiminutive
   グループD ; 3〜10個の中1個でもsmall
   グループE ; 進行型ポリープつまり1cm以上のポリープ(advanced;1cm以上、絨毛状、
   高度異型性のいずれか)
   上記のグループで3年間経過観察をして、グループAと比較して新たに進行型ポリープ又は大腸がん
   が発生する危険率を調べました。(metachronous)

2) グループBの危険率は 1.54
   グループCの危険率は 1.75
   グループDの危険率は 2.14
   グループEの危険率は 2.77
   尚、5mm以上のポリープが2個あれば、進行型が発生する頻度は7.6%(11/144)でした。

3) 結論として、1個でも5mm以上のポリープがあれば、進行型のポリープの発生の危険が増します。





私見)
 逆に言えば、従来通りに4mm以下のポリープは経過観察で良いかもしれません。
 また5mm以上では十分な経過観察をして、別の部位に悪性のポリープが発生しないかを診断する
 必要がありそうです。
 (本院では、生検鉗子の大きさである程度判断しています。)






1 Association of small versus diminutive adenomas and the risk for metachronou.pdf









posted by 斎賀一 at 21:07| Comment(1) | 消化器・PPI