2019年05月14日

乳酸菌のラクトバチルスは急性胃腸炎に効果なし?

乳酸菌のラクトバチルスは急性胃腸炎に効果なし?
 
Lack of Efficacy of Lactobacillus reuteri DSM 17938
for the Treatment of Acute Gastroenteritis



0514.PNG



 ポーランドからの報告です。
残念ながら、乳酸菌のラクトバチルスは、5歳以下の乳幼児の急性胃腸炎には効果が無いとの結果
でした。


1) 5歳以下の急性胃腸炎の乳幼児91名に、Lactobacillus reuteriとプラセーボを5日間服用して
   比較しています。
   主要転帰は下痢の回復までの期間です。2次転帰は点滴治療の必要性と入院期間です。

2) 本当に残念ながら、主要転帰と2次転帰共に差は無く、効果なしとの結果でした。





私見)
 Journal Watchのコメントでは、理論と実際(science)は異なるとしています。
 乳酸菌製品を続けるかは、親の財布次第と揶揄的な結論をだしています。
 以前の雑誌NEJMからの私のブログもご参照ください。 (ラクトバチルス で検索)
 軽症の急性胃腸炎の患児には、補水(アクアライト、又はリンゴジュース)が主体です。
 徐々に経口摂取を勧めるに当たり、乳酸菌製品もその中の一つと理論的に考えられます。
 お前は理論と実際を使い分けるのか、との批判的な声も聞こえそうです。
 ...そうなんです。





乳酸菌のラクトバチルスは急性胃腸炎に効果なし.docx











posted by 斎賀一 at 20:01| Comment(0) | 消化器・PPI