2019年05月13日

熱性けいれんと乳幼児の突然死;SUDC

熱性けいれんと乳幼児の突然死;SUDC
 
Potential Role of Febrile Seizures and Other Risk
Factors Associated With Sudden Deaths in Children



0513.PNG
 

  

 熱性けいれんと乳幼児突然死症候群の関係は、古くて新しい問題です。
今回雑誌JAMAに論文が掲載されていますので、紹介します。

 その前に用語の説明をします。
SIDS(乳幼児突然死症候群); 解剖所見、状況調査などあらゆる検討を行っても、説明不能な1歳未満の乳児の睡眠中における突然死。現在では睡眠との関係を重視して用いています。

SUID(予期せぬ乳幼児突然死); 1歳未満の突然死を包括した乳幼児期の予測不能な突然死のことで
SIDS及び原因が説明できる突然死も包括した用語です。

しかしSIDSとSUIDは混乱して用いられています。SUIDのUはunexpectedつまり予期せぬを意味する場合と、unexplainedつまり解剖をしても説明が出来ないを意味する場合と、unknownつまり分からないの意味する場合とで混乱しているようです。アメリカでは睡眠中の場合はSIDSとして、原因が不明の場合はSUIDと診断しているようです。

本論文を読む場合に更に注意が必要な点は、SUIDでなくてSUDCつまり1歳以上を対象にしている事
です。
Uunexplainedとして用いています。一方原因が説明できる場合はSEIDとしています。(原因としてはsuppleよりPDF化して下記に掲載しました。)

    1;Sudden unexplained death in childhood (SUDC)
    2;Sudden explained death in childhood (SEDC)
    3;Sudden Unexplained Infant Death (SUID)
    4;Sudden Infant Death Syndrome(SIDS)

結局、本論文は上の1と2に関しての記載です。
(これを理解するのに数日を要してしまいました。連休ボケのためにブログをサボっていたのではない事を職員の皆さん理解してください。)


 大変前置きが長くなりましたが、本論文を纏めてみました。

1) 一歳以下のSIDSは注目もされており、睡眠の対策もなされているが、一歳以上のSUDCはあまり
   検討されていない。それでも1歳から18歳のSUDCを調べると、その62.5%は1~4歳に発生して
   いる。
   本研究者より以前にSUDCの31%が熱性けいれんと関連しており、75%が発熱疾患を罹患して
   いたと報告しています。
   SUDCにおける熱性けいれんの危険率を調べるためにSEDCとの比較検討をしました。

2) 2001~2017年間で、1~17歳の622例のSUDCを調査しました。   
   その中で、1~6歳の391例が調査で対象に値しました。更に原因が判明したものはSEDCに組み
   込められました。
   対象の391例の中で熱性けいれんの既往歴は、26.6%(SUDCは28.8%で、SEDCは22.1%)、  
   一般的な熱性けいれんの発生頻度は2~5%です。
   明らかにSUDCの頻度は高率です。
   睡眠中に熱性けいれんで死亡する危険率を統計学的に処置すると、SUDCはSEDCに比べて4.6倍
   にもなります。
   これは、SUDCは癲癇の突然死にも匹敵する危険率となります。

3) 以前のデンマークの報告では熱性けいれんの突然死の危険は無いとしていましたが、最近ではその
   危険率は2倍ともしています。

4) SIDSとうつぶせ寝が問題視されていますが、SUDCもしばしば発見時にはうつ伏せでした。
   うつぶせ寝に対する啓蒙活動により、SIDSは最近では54%も減少していますがSUDCは漸増傾向
   です。アイルランドでは、最近の15年でSUDCは倍増しています。

5) 本研究でSUDCとSEDC共に、熱性けいれんが突然死の原因として関与している事が判明しました。
   SUDCとSEDCの違いは、単に明らかな睡眠中か否かの差でしかない様です。
   同胞の突然死の頻度は低い事より、熱性けいれんの啓蒙と両親における注意が対策として重要
   です。




           0513-2.PNG








私見)
 熱性けいれんの20%は突発性発疹との報告もあります。(逆は真ではありませんが、突発性発疹の
 可能性がある時は、熱性けいれんに注意してもらっています。)
 熱性けいれんは多くが良性の経過です。
 過剰な心配は両親にとっても負担になります。
 しかし熱性けいれんは、突然死の一つのリスクとして医療従事者も捉えていたいと思います。






1 熱性けいれん 突然死.pdf

2 SUDC.pdf










posted by 斎賀一 at 20:32| Comment(1) | 小児科