2019年03月23日

心房細動に対するカテーテルアブレーションの効果

心房細動に対するカテーテルアブレーションの効果

Effect of Catheter Ablation vs Medical Therapy on Quality of Life
Among Patients With Atrial Fibrillation
The CABANA Randomized Clinical Trial



0323.PNG



 心房細動におけるアブレーション治療は進歩しており、治療の主体となっています。
機械の改良に加えて、心房細動の病巣である肺静脈周辺の剥離同定の進歩も挙げられているそうです。
しかし、アブレーション後の再発に関しては左程、進展が無いようで、アブレーションに関するQOL
(患者サイドの満足度?)の方に関心が移っているようです。今回、雑誌JAMAから、アブレーションと
QOLの関係を調べた論文が掲載されました。CABANA研究です。


纏めますと、


 1) リスクが1以上ある有症状の心房細動患者2,204名を登録しています。
    2009~2016年間調査しています。
    アブレーション群が1,108名で、薬物療法群が1,096です。

 2) アブレーション施行後の12か月以降の調査です。
  
    ・AFEQTスコアー(0~100) ;QOLに関するもの(点数が多い方が良い)
    ・MAFSIスコアー(0~40)  ;心房細動の症状(点数が多ければ症状あり)
    ・重症度スコアー(0~30)  ;点数が多ければ重症度です。    

    以上の3つのスコアーで、アブレーション群と薬物療法群を比較しています。
 
 3) 結果は、
    平均年齢は68歳、63%が男性です。
    発作性心房細動が43%で、持続性心房細動が57%でした。
    平均経過観察期間は48.5カ月です。1,968例(89%)が登録し、研究対象となりました。
    
    施行後の12カ月の時点は、
    
     AFEQTでは、アブレーション群が86.4対薬物群が80.9
     MAFSIでは、アブレーション群が6.4対薬物群が8.1
     重症度では、アブレーション群が5.0対薬物群が6.5
    
    結論的には、QOLも患者の自覚症状もアブレーション群の方が優位でした。



私見)
 本院でのアブレーションをお勧めする基準は、

   ・発作性心房細動 ・心電図でP波が大きい ・心エコーで左房拡大がそれ程でない

 以上で、2次施設にご紹介しています。
 
 心房細動も、患者さんの満足度を重視する時代になったのでしょうか。
 何事も早期発見、早期治療のようです。
 アブレーションに関する文献を下記に纏めましたので、本院でのコンサルタントを受ける前に
 参考にして下さい。
 アブレーションの種類に関しては、下記の日本における特集号を参照ください。

 
 参考文献
    Medical Practice ;2014 V31 N10
    N Engl J Med 2016;374:2235-45
    N Engl J Med 2015;372:1812-22.

  その他の日本の特集号も直接下記のPDFにて掲載しました。


1 Catheter Ablation vs Medical Therapy.pdf

2 心房細動とアブレーション.pdf

3 nejm1.pdf

4 nejm2.pdf

5 心房細動に対するクライオバルーン アブレーション.pdf

6 心房細動治療の新時代.pdf

7 初心に返れ!心房細動診療.pdf







posted by 斎賀一 at 14:54| Comment(1) | 循環器