2019年03月14日

薬物性肝障害(DILI)に関する6つ最新情報

薬物性肝障害(DILI)に関する6つ最新情報

Drug-induced liver injury: 6 recent reports on risk factors, outcomes



0314.PNG

 
        
 ネットのhealioより薬物性肝障害(DILI)に関する最新情報が載っていました。

6つの情報とは、

 1) アメリカでは一般的に、ドラッグ・ストアーでアセトアミノフェン(カロナール等)を購入して
    大量服用の危険があります。そのため、アセトアミノフェンによるDILIを発症した場合には、
    血中濃度が測定不能にまでなっている事が約半数あるとの事です。
    日本では考えられない状況ですが、やはり対岸の火事と安心してはいられないかもしれません。

 2) 解熱鎮痛薬(NSAIDs)やアスピリンは、大腸にmicroscopic colitis(私のブログの
    オルメテックで紹介したcollagenous colitisと同義です。)を起こす。

 3) 免疫療法によるDILIは増加傾向である。

 4) DILIに対する血液検査(biomarker)が確立されつつある。

 5) 肝移植後の胆道系の損傷を予防する治療も確立され始めている。

 6) DILIとアルコール摂取量とは直接的には関係ない。



私見)
 他の文献も纏めて下記のPDFに掲載します。
 Uptodateよりも纏めようとしましたが、時間切れのため次回といたします。

 参考文献
  日本医師会雑誌;2015 V144 N7
  日本消化器病学会誌;2015 V112 N5
  Medical practice; ?



1 薬物性肝障害.pdf

2 薬物性肝障害1.pdfk (2).pdf

3 Acetaminophen is Undetectable in Plasma From More Than Half of Patients Beli.pdf

4 Heavy Consumption of Alcohol.pdf

5 liver-biliary-disorders.pdf

6 denovo B型肝炎.pdf








posted by 斎賀一 at 16:08| Comment(1) | 肝臓・肝炎