2019年02月13日

心房細動ガイドライン 2019年版AHA

心房細動ガイドライン 2019年版AHA
 
2019 AHA/ACC/HRS Focused Update of the 2014 AHA/ACC/HRS
Guideline for the Management of Patients With Atrial Fibrillation



0213.PNG




 アメリカの学会AHAから本年の心房細動のガイドラインが出ましたので、主にNOACを中心に纏めて
みました。


1) 脳梗塞のリスク評価のCHA2DS2-VAScスコアーで男性は2点、女性は3点以上で抗凝固薬が
   適応となる。
   (CHA2DS2-VAScスコアーに関しては下記のPDFを再度ご参照ください。女性だけで1点加算され
    ます。)
   男性が1点、女性が2点でも、NOACは脳梗塞を減少させるかもしれない。

2) ガイドラインは、NOACをワーファリンよりも推奨している。

3) ただし、僧帽弁狭窄症や機械弁ではワーファリンが勧奨されている。

4) NOACを開始する前に、腎機能と肝機能を評価しておくことが大事

5) ワーファリンのコントロールが不安定な場合は、NOACに変更を勧奨する。
   但し、僧帽弁狭窄症や機械弁以外

6) 抗凝固薬の適応で腎機能低下の場合は(GFRが15以下か透析患者)、ワーファリンかエリキュース
   を勧奨する。

7) エリキュースはクレアチニンが1.5以上、プラザキサはGFRが15~30、イグザレルトはGFRが
   50以下、リクシアナはGFRが15~50の場合には用量を減ずる必要がある。

8) リクシアナはワーファリンに比べて、大出血の頻度が60mgでは2.8%対3.4%(危険率は0.80)、
   30mgでは1.6%に減(危険率は0.47)

9) 生体弁置換術では少数例だが、エリキュースとリクシアナはワーファリンと同等の効果がある。

10) 心房細動の女性は、男性に比べて脳梗塞の危険が1.31倍である。
   しかも75歳以上の場合にその頻度が最も高い。
   最近の研究では、リスクが無い場合は男性と同等の危険率である。
   65歳以上又は性別に関係なくリスクが2点以上の場合に、女性の性別の1点を追加するのは問題が
   生じる事がある。

11) ワーファリンは、透析患者で脳梗塞と大出血の危険を減少すると言われていたが、最近の研究では
   否定的見解もある。
   腎機能低下(GFRが15以下か透析患者)では、ワーファリンかエリキュースを勧奨する。
   透析はエリキュースのクリアランスに限定的な影響しか与えない。

12) 心房細動と急性冠症候群でのステント療法の合併の場合に、抗血栓薬の3者併用を行うが、その際
   はエフィエントよりもプラビックスの方が有効である。
   出血の危険がある場合は、プラビックスとワーファリンの2者併用の方が3者併用よりも安全である。
   あるいはプラビックスと低用量のイグザレルト(15mg? 10mg)も選択肢とする。
   3者併用を4~6週間かけて2者併用に変換も可能
 
13) 心房細動と急性冠症候群の合併症で頻脈が認められたら、ヘルベッサーかワソランを使用する
   事も可能だが、その際に循環状態や心不全が重態でない事を確認する。





私見)
 僧帽弁狭窄や機械弁以外では、全体的にみてワーファリンよりもNOACの方が優位の様です。
 自分が興味のある点のみ記載しました。
 また時間があれば読み直してみます。
 尚、エフィエントに関しては下記のPDFに掲載します。
 現在、本院ではエフィエントの処方は逆紹介の患者さんのみです。




【参考書籍】 :  薬の比較と使い分け    羊土社









1 心房細動ガイドライン.pdf

2 エフィエント書籍より.pdf

3 エフィエント.pdf

4 chadスコアー.pdf




       5 NOAC.PNG










posted by 斎賀一 at 19:14| Comment(0) | 循環器

2019年02月12日

小児のワクチン・スケジュール 2019年版

小児のワクチン・スケジュール 2019年版
 
Recommended Childhood and
Adolescent Immunization Schedules:
United States, 2019




 アメリカの小児学会のAAPから、本年のワクチン・スケジュールが発表になりましたので掲載します。
本院は当然、日本のガイドラインに沿ってワクチンを実施して参りますが、グローバルスタンダードの
アメリカに残念ながら追従している感もあり、参考のため纏めてみました。


1) 本年の変更点は、最初からアルファベット順に記載されています。
   商品名も同時に掲載しています。

2) ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンに関しての変更点として、それ以上の摂取が必要でない人の基準と
   追加する場合の用量を掲載しています。

3) B型肝炎ワクチンは、下記の条件を満たした全ての出産後の乳児が適応となります。
    ・出生時体重が2000gr以上で医学的に健康
    ・母親のHBs抗原が陰性

4) インフルエンザ・ワクチンを接種する際の卵アレルギーに関しても、明記されています。






私見)
 本院では、日本での勧奨に従い接種していきます。
 個別の案件で複雑な場合は、保健センターの担当者に相談して参ります。
 AAPのスケジュール表は、あくまでも参照とします。






小児ワクチンpdf.pdf










posted by 斎賀一 at 19:42| Comment(0) | 小児科

成人に対するワクチン・スケジュール 2019年版

成人に対するワクチン・スケジュール 2019年版
         <短報>


    私が注目するのは肺炎球菌ワクチンの項目です。

 1) 65歳以上の時点でどちらも接種していなけれならば、最初は13価を優先
    その後1年以上経過して23価、更に5年以上経過してから再度23価を接種

 2) 65歳以上の時点で以前に23価を接種していて、13価を接種していなければ
    23価接種より1年以上経過してから13価を接種する。

 3) 基礎疾患のある19歳から64歳の方は、概ね23価が優先されています。






 私見)
  日本では65歳以上の殆どの方が最初の接種は23価となりますので、上記に記載の 2)に該当する
  ものと思います。つまり2回目の接種を希望される方は、原則として13価になると認識しています。
  近々私の認識をブログしますが、取りあえず現在のガイドラインを下記に掲載します。
  呼吸器学会からも、本年度に改訂されると思います。







Recommended Adult Immunization Schedule.pdf

65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチンの考え方.pdf














posted by 斎賀一 at 19:26| Comment(0) | ワクチン