2019年02月23日

ブルフェンの有用性?

ブルフェンの有用性?
 
Effect of Combination of Paracetamol (Acetaminophen) and
Ibuprofen vs Either Alone on Patient-Controlled Morphine
Consumption in the First 24 Hours After Total Hip Arthroplasty



0223.PNG


       

 鎮痛解熱剤(NSAIDs)として、アセトアミノフェン(カロナール)とイブプロフェン(ブルフェン)は本院でも多用しています。原則としてインフルエンザに対する解熱剤ではカロナールが推薦されていますし、喘息
でもカロナールが無難とする見解が多い反面、ブルフェンでも可とする見解も散見されます。


 今回の論文では、股関節術後での鎮痛効果を下記のグループで比較しています。

1) 約550名の股関節術後に、下記のグループにおいて麻薬のモルヒネをどの程度追加併用したかで、
   その鎮痛効果を調べています。
   ・A群 ; カロナール1000mg+ブルフェン400mg
   ・B群 ; カロナール1000mg単独
   ・C群 ; ブルフェン400mg単独
   ・D群 ; カロナール500mg+ブルフェン200mg
  上記の4群を、手術1時間前とその後6時間毎で24時間行われました。

2) モルヒネの追加使用量は平均で
   ・A群は20mg、B群は36mg、C群は26mg、D群は28mgでした。
   ・副作用の頻度はB群で11%、C群で15%でした。

3) 結論としてC群のブルフェン単独でも効果は十分で、その副作用もD群のカロナール単独と統計学的
   には差はありません。





私見)
 本院では、成人1回量をカロナールは200mg/tabを2錠、ブルフェンは100mg/tabを2錠が
 基本です。
 つまり半量のD群に相当します。
 拡大解釈しますと、本院では従来通りに鎮痛薬としては、ブルフェン1回量200mgが一般的として
 宜しいようですが・・・(?)





アセトアミノフェンとブルフェン.pdf










2019年02月21日

著作権法の改正案が文化庁で検討

著作権法の改正案が文化庁で検討

〜みうらじゅんの言葉を借りて〜



0221.PNG
 
  

 先日朝日新聞に、文化庁で国会に提出するための条文の作成が始まったとの記事が載っていました。

対象は
 「作品がそのまま一定のまとまりとしてダウンロードする場合」
 「反復継続する行為」 としています。

それに対するコメントとして
 ・網をかければ萎縮が伴う。
 ・本当に買ってもらうと言う流れが遮断する。
 ・出版文化や収益構造はどうあるべきかを広く考えるべきである。

私のブログでの弁解
 ・医療の共有財産としての論文の価値
 ・元文献や書籍を直接購入したくなると言った広告的な意義

今後も節度あるダウンロードを試みます。
関係会社の皆さん、ご理解の程よろしくお願いいたします。


私がブログを書いている意味を、敬愛する尊師「みうらじゅん」の言葉を借りて説明します。

「隙間ブログ」「自分じゃなくても理想の自分を盛ればいい」
「比較してはいけない比較三原則、周りの医者、過去の自分、親」

「仕事に飽きた時は自分を追い込む。高い買い物をする。何百万もするやつですよ。可変式大腸ファイバー。業者が市原にはまだないですとの言葉が決め手です。なんて馬鹿な買い物をしてしまったんだろう。職員がそんなものを買うんならボーナスをあげろとか、小ナスをよこせとか、そんな状況に自分をおいやるんですよ。危険な状態に一度入り込むんですよ。」

「井上陽水の歌ではないのですが、真実はなんですか、難しいものですか、まだまだ探すんですか、それよりブログを書いて楽しみましょう。」

「人生の最後のために自分の走馬灯を作るんですよ。本当でない自分の映像を作って盛り込むんです。最後にそれを棺桶のなかから眺めるんです。自分が望んだ自分でない自分、栄光の架け橋、葬儀の時に号泣している家族、葬儀場に入れない位の長蛇の列の患者さん、私が死んでから初めて知った僕のブログ、私の後ろ姿を思い出して子供たちが感謝する、嘘でもいいからそんな写真を走馬灯に盛り込むんですよ。」








著作権侵害のダウンロード全面違法化 (2).pdf











posted by 斎賀一 at 13:54| Comment(1) | 日記

麻疹感染に対するお願い

麻疹感染に対するお願い
  <業務連絡および患者さんへのお願い>

        

     市原保健所より管内でも麻疹が発生したとの報告がありました。
    麻疹疑いのある患者さんの検体提出について、再確認をお願いします。

    患者さんには発熱と発疹がある方は事前に電話連絡を頂き、来院後は速やかに感染症室に
    誘導してください。





    麻疹 風疹診断.pdf

    保健所より.pdf









posted by 斎賀一 at 13:33| Comment(1) | 感染症・衛生