2018年11月20日

感染性胃腸炎は炎症性腸疾患の原因?

感染性胃腸炎は炎症性腸疾患の原因?
 
Gastrointestinal Infection Increases Odds of Inflammatory
Bowel Disease in a Nationwide Case–Control Study



1120.PNG
  

    

 過敏性腸症候群(IBS)は、感染性胃腸炎が原因とのブログを以前に掲載しましたが、今回は炎症性腸疾患(IBD)との関係についての論文がありましたのでブログしました。


1) スウェーデンからの報告です。
   2002~2014年のIBD患者44,214名(潰瘍性大腸炎;26,450名、クローン病;13,387名)を登録
   しています。コントロール群として436,507名と比較しました。

2) 先行する感染性胃腸炎は、IBD群で7.0%に対してコントロール群では4.1%でした。
   感染性胃腸炎全体ではIBD群の危険率は1.67、細菌感染では2.02、寄生虫疾患では1.55、
   ウイルス性疾患では1.55でした。
   IBD確定診断に対して、先行感染の時期の1年、2年、3年を除外しても優位差は認められ、10年
   が経過してもその危険率は1.26でした。

3) IBDの診断確定以前に感染性胃腸炎の既往があると、その危険率は60%増加しています。
   寄生虫やウイルス性の感染性胃腸炎でも、危険率は50%の増加を認めています。
   特にサルモネラとクロストリディウムが一番関与している事が推定されました。
   他の予想されるリスク因子(遺伝、自己免疫疾患等)を補正しても、細菌性による感染性胃腸炎の
   リスクは2.0でした。

4) Jwatchの論評では「感染性胃腸炎が粘膜のバリヤーの変化をもたらして、その後のIBDの発症メカ
   ニズムを構築すると推測される。いわば芯に着火するようなものである。(match to the wick)」






私見)
 感染性胃腸炎は殆どが自然に治癒しますが、だからと言ってIBDやIBSとの関連も指摘されており、
 注意が必要です。







Gastrointestinal Infection Increases Odds of Inflammatory Bowel Disease in a.pdf












posted by 斎賀一 at 21:31| Comment(1) | 消化器・PPI