2018年11月14日

プラビックス継続服用は大腸ファイバーのポリープ切除の際に可能?

プラビックス継続服用は大腸ファイバーのポリープ切除の際に可能?
 
Risk of Post-polypectomy Bleeding With
Uninterrupted Clopidogrel Therapy in an Industry-
independent, Doubleblind,Randomized Trial



1114.PNG



 ガイドラインでは、大腸ファイバーにおけるポリープ切除の際に、抗血小板薬のプラビックスは施術の
7日前に服用を中止するようになっています。しかし中断する事によるデメリットとして、早期の血栓症の
報告があります。
本院の看護師が作成したガイドラインには、プラビックスは中断するか生検を実施しないように取り決めてくれています。
 今回の論文によりますと、プラビックスを当日まで継続服用してもその後の出血の頻度は増加していま
せんでした。


纏めますと

1) 心血管疾患のため、抗血小板薬のプラビックスを服用している患者で大腸ファイバーを施行した
   387名を登録しました。
   2012~2018年間で香港での研究です。
   大腸ファイバーを行う7日前にプラビックスを中断し、その後プラビックスを継続服用する群と
   プラセーボを服用する群(つまり中断した群)に振り分けました。
   ポリープ切除をしたのは216例です。プラビックス群は106名、プラセーボ群は110名でした。

2) ポリープ切除後、1か月間の入院や再処置が必要となった出血例の累積を調べました。  
   プラビックス群では3.8%でプラセーボ群では3.6%と、その差は殆どありませんでした。





私見)
 本院では以前同様に胃カメラも大腸ファイバーも、余程でない限りは生検の実施は慎重に判断したいと思います。





Risk of Post-polypectomy Bleeding With Uninterrupted Clopidogrel Therapy in .pdf























posted by 斎賀一 at 19:14| Comment(0) | 消化器・PPI