2018年11月07日

解熱鎮痛薬(NSAIDs)と慢性腎疾患(CKD)の関係

解熱鎮痛薬(NSAIDs)と慢性腎疾患(CKD)の関係
 
Prevalence and Outcomes Associated
with NSAID Use in Patients with CKD



1107.PNG



 NSAIDsが腎機能を悪化させないか懸念されています。
特に高齢者での長期投与の場合には配慮が必要です。
 今回NSAIDsの投与による腎機能への影響を調べた報告が、アメリカのサンティアゴの学会であり
ました。


1) 1,736名が登録されています。
   18歳以上でCKDのステージ3〜5の人を対象にしております。
   除外対象は入院、腎移植、急性腎機能障害、透析の患者さんです。

2) 自己報告の形で、1年間の経過観察です。
   全体的に7%の人がNSAIDsを処方されていました。
   (full textを読んでおらず、NSAIDsの種類と服用量は把握していません。)

3) 腎機能(eGFR)の低下を比較しています。
   NSAIDs服用者は5.7ml/min低下しており、非服用者は4.4ml/minの低下でした。
   統計学的には明白な差はありませんでしたが、服用者の方に低下傾向が認められたとの結論です。




私見)
 対象者の年齢やeGFRを層別化するとどのような結果になるかは定かではありませんが、結論的には
 NSAIDsをある程度長期に処方する場合も、最長で1年間と理解しました。




nsaid ckd abstruct.pdf