2018年10月13日

感染症の季節を迎えての手指消毒方法について

感染症の季節を迎えての手指消毒方法について
 
Effectiveness of a Hand Hygiene Program at Child Care Centers



1013.PNG




 雑誌PEDIATRICSに、手の消毒の効果についての論文がスペインから発表になり掲載されています。
インフルエンザのシーズンを迎えるにあたり、再考してみました。
本論文の主たる疾患は呼吸器感染症です。


纏めてみますと

1) 0~3歳の小児を対象に、2013年11月から2014年6月までにday care centerを訪れた911名を
   登録して、8か月間追跡調査しました。
   登録の1ケ月前から手指の消毒方法を指導しています。
   ソープを主体としたソープ群(274名)と、アルコールを基本とした消毒群(339名)、コントロール
   群(298名)に振り分けました。消毒薬に対する抵抗感から、消毒群の離脱が一番多いようです。
   クラスを0~1、1~2、3歳にグループ分けしています。
   その間、延べで5,211例の呼吸器感染症が発生しています。

2) 其々の群での危険率を比較して見ますと
   コントロール群と比較して消毒群では、呼吸器感染症の危険率が0.77で、抗生剤投与の率は0.69
   でした。
   消毒群と比較してソープ群では、呼吸器感染症の危険率は1.21で、抗生剤の投与率は1.31
   でした。

3) 結果は下記のPDFに表したグラフをご参照ください。
   消毒群が一番効果的で、ソープ群はそれ程の効果が無いようです。

  ・Uptodateを参照しますと
   消毒用アルコールを基盤とした消毒が、ソープよりもやはり有効との事です。
   即効性があり、細菌及びインフルエンザなどのウイルスにも、chlorhexidine と同等の効果
   との事です。
   但しノロ、ロタ、C-difficileなどのハッキリしている場合はアルコールが無効なので、手指の
   ソープ消毒を勧めています。





私見)
 アルコール消毒でないと効果が無いようでガッカリしましたが、この時期に毎日手指をアルコール消毒
 しますと、ガサガサの手になってしまいます。 何か良い方法は無いものでしょうか。
 Youtubeから動画を調べました。またuptodateや文献も掲載します。
 参考にして職員の皆さん、本院での指導方法を模索しましょう。





https://www.youtube.com/watch?v=gwDwOYve8AA

https://www.youtube.com/watch?v=r9-rih-iL_8



手洗い 本論文等.pdf

1 Hand Hygiene.pdf

2 who_guidelines-handhygiene_summary.pdf

3 POSTER151_1332.pdf














posted by 斎賀一 at 15:32| Comment(0) | インフルエンザ