2018年10月11日

高用量のバイアグラは網膜の障害

高用量のバイアグラは網膜の障害
 
SILDENAFIL CITRATE INDUCED RETINAL TOXICITY



1011.PNG




 一般的には、バイアグラは25mg錠と50mg錠が医家で処方されます。
残念な事に本院では処方を希望される方は殆どありません。海外では液状のバイアグラも販売されているようです。
 今回海外から、バイアグラの過剰服用による不可逆的な網膜障害が報告されました。海外での液状のバイアグラは、専用の計量器のピペットを用いて服用するようです。
症例は、31歳の男性で液状のバイアグラを服用していましたが、正確に計量せずに実際は50mg以上を服用していました。 (30歳代でバイアグラを大量に服用するとは、悲しい人です。)
網膜はそもそもダメージを受けやすい組織で、本患者は視野が薄赤くみえて更に黒点も出現しました。
バイアグラの網膜障害は、一般的には比較的短時間で回復しますが、本患者においては色々な治療にも関わらず、回復はしませんでした。
実地医家も、バイアグラによる網膜障害を使用者に説明する必要があるとしています。




私見)
 肝障害の患者さんに飲酒の有無を問診するのとは訳が違い、視力の異常を訴える方にバイアグラの
 服用を尋ねるのは、やや抵抗感があります。
 本ブログを閲覧してもらうのを期待します。
  (横浜時代の村田は好きでした。頑張っていたのに引退とは淋しいです。
   引退する時期を見誤らないようにしましょう。)




バイアグラ論文.pdf











posted by 斎賀一 at 13:14| Comment(2) | その他