2018年10月01日

妊娠中の甲状腺機能低下症

妊娠中の甲状腺機能低下症



1001.PNG
 


 最近患者さんで誤解がありましたので、uptodateより調べてブログにしてみました。
職員の皆さんも参考にして下さい。
その前段として書籍から抜粋しましたので、下記のPDFより先ず勉強してください。


UPTODATEを纏めますと

1) 下記の治療戦略のPDFによく纏められていますので、これも是非ご参照ください。

2) 基本的には妊娠に関係なく、治療戦略をする。

3) 妊娠初期にはhCGの関係でTSHが低下している。

4) 潜在的機能低下症でも、TPOが陽性の場合は合併症が多い。

5) 妊娠時の顕性甲状腺機能低下症での合併症は
   ・妊娠中毒症、高血圧
   ・流産
   ・不安定な胎児の脈拍
   ・32週以前の早産
   ・低出生体重児
   ・出産後の出血
   ・子供の精神発達の懸念

6) 潜在性甲状腺機能低下症の場合は論争があり、明白でない点があります。
   出生児の精神発達に関しても論争があり、結論されていない。
   チラージンSの服用の効果についても結論されていない。
   しかし、TPO抗体が陽性の場合は合併症の危険がある。





私見)  
 繰り返しますが、薬の副作用よりも自己抗体の判定が大事です。
 潜在性の場合には一般的に過剰な心配はありませんが、一回はTPO抗体を測定する事と、4週間に
 一度はTSHとFT4(場合によりT4)を検査する事が大事です。
 甲状腺の薬剤は、亢進も低下も管理を十分にすれば心配ないものと思いますし、ガイドラインが確立
 しています。




【参考書籍】

 甲状腺疾患の診かた、考えかた : 田上哲也   中外医学社
 伊藤病院ではこう診る : 伊藤公一
 外来でどう診る 甲状腺疾患 : 深田修司   日本医事新報社
 小児期の甲状腺疾患の診断と治療 : 荒田尚子   雑誌小児科 V54 N8 2013
 日本医師会雑誌 : V141 N11   特集 甲状腺疾患



 TPOとの関係の文献も掲載しました。



妊娠と甲状腺.pdf

妊娠 甲状腺機能低下 ストラテジー.pdf

tpo 妊娠 甲状腺機能低下.pdf

















posted by 斎賀一 at 19:27| Comment(0) | 甲状腺