2018年09月28日

日本紅斑熱とツツガムシ病の見分け方

日本紅斑熱とツツガムシ病の見分け方
          <ツイッター版>



 ダニが介するリケッチア感染症の日本紅斑熱とツツガムシ病は、共に千葉県南房総で流行する疾患
です。
マダニで介して起こる日本紅斑熱はリケッチアですが、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は新規の
ウイルスで起こり、数年前より注目されていました。
 今回、日経メディカルのレポートがありましたので掲載します。 (全てのダニが、リケッチアや新規の
ウイルスを持っている訳ではありません。)


1) 両者共に3徴(発熱、皮疹、ダニの刺し口)が特徴だが、其々異なる。
   日本紅斑熱は手のひらや足の裏に皮疹が多く、粉雪様の小さな淡い皮疹だが、ツツガムシ病は
   全身で、ぼたん雪のような目立つ皮疹
   発熱は75%程度に認められるが、25%以上(1/4)は初診時に熱が無い。

2) 全身の刺し口を調べるのが大事
   基本的には皮膚の柔らかいところ、下着のあたるところ(ダニが動けない部位)を検索
   それでも25%は同定出来ない。




日本紅斑熱とツツガムシ病.pdf

重症熱性血小板減少症候群.pdf











posted by 斎賀一 at 20:23| Comment(0) | 感染症・衛生