2018年09月25日

アスピリン喘息

アスピリン喘息
 
Aspirin-Exacerbated Respiratory Disease
    n engl j med 379;11 nejm.org September 13, 2018



0925.PNG


      

 アスピリンに限らず、一般的な鎮痛解熱剤(NSAIDs)を服用すると、喘息を誘発したり増悪傾向になる事が以前より知られています。しかも鼻茸のある人では高頻度です。
 一般的なNSAIDsはCOX-1とCOX-2の両方を阻害します。選択的COX-2阻害薬としてはセレコックスがあります。 (COXに関しては、下記のやさしい薬理学のPDFを参照)
雑誌NEJMにアスピリン喘息の総説が載っていました。私にとって新知見が多く、ブログで纏めてみました。
その前に、アスピリン喘息の機序は煩雑のため、書籍より引用しましたので事前に参考にして下さい。
アメリカではアスピリン喘息をAERDとして、一般的に認知されています。



纏めますと

1) AERDは後天的疾患で如何なる年齢でも発症しますが、多くは30歳代です。
   50%が上気道の症状です。

2) AERDは殆ど全てのアルコール摂取で症状が悪化するが、特にビールとワインの頻度が多い。
   アルコールの摂取を超えた何かがあるかもしれない。

3) 鼻茸の外科的処置をしてもAERDは直ぐに再発する。

4) AERDでは喘息と副鼻腔炎が重症化する場合があり、治療管理で困難なケースがある。
   その際は、気道と鼻粘膜のリモデリング(基底膜の構造変化)が生じている。

5) 家族性や新生児では稀である。

6) 診断は
   ・24時間蓄尿でのロイコトルエンE4(LTE4)の測定が、診断価値は高い。
   ・アスピリンの服用負荷テストと呼吸機能検査(チャレンジテスト)が一般的に採用されている。
    (しかし、論者も指摘していますが専門医のみが行う事としています。)
   ・既往歴のみでの診断では、80%の正解率

7) 治療は原則的に喘息と同じ
   難治例では、抗ロイコトルエン薬(オノン、シングレア、キプレス)や経口ステロイドを追加する。

8) アスピリン減感作療法
   最初はアスピリン40.5mgより開始して、1〜3日毎に増量する。
   目標は325mg (本院では勿論、実施しません。)

9) 機序については、下記の「本論文」と「アスピリン喘息の薬理」のPDFをご参照ください。

   尚、追加事項として
   ・アスピリンは48時間以上COX-1を阻害して、新しい酵素が産生されるまで作用する。
   ・NSAIDsは服用後、腸管で吸収され30~90分で全身に循環される。
   ・COX-2阻害薬のセレコックスは、AERDを起こしにくい。
    それはCOX-2阻害薬の分子が大きいので、より小さいCOX-1チャンネルにはフィットしないため
    である。





私見)
 本院ではAERDを診断するには問診しかありません。
 十分に注意するため、過剰診断も仕方ないかもしれません。
 その際は、比較的影響の少ないアセトアミノフェン(カロナール)かセレコックスを処方します。




 【参照書籍】
  いちばんやさしい薬理学 : 成美堂出版





いちばんやさしい薬理学.pdf

本論文グラフより.pdf










posted by 斎賀一 at 20:22| Comment(0) | 喘息・呼吸器・アレルギー