2018年09月21日

滲出性中耳炎に経口ステロイド剤は効果なし?

滲出性中耳炎に経口ステロイド剤は効果なし?
 
Oral steroids for resolution of otitis media
with effusion in children (OSTRICH)



0921.PNG


      

 滲出性の中耳炎は、小児において聴力障害に繋がる懸念があります。
今までの研究では抗生剤、局所ステロイド点耳、ムコダイン、ムコソルバンは無効との報告です。
耳管チューブの外科的処置が推奨されていますが、経口ステロイドの服用も安価で安全な治療として広く採用されています。
 しかし今までのところ、はっきりとした比較試験がなかったようです。

 今回雑誌LANCETより研究報告(study)が出ています。



纏めますと

1) 少なくとも3か月間、滲出性中耳炎を患って聴力障害を両側に伴っている2〜8歳の小児に対して
   経口ステロイド服用群とプラセーボ群に振り分けて、5週間後に聴力検査をしています。
   調査は2014~2016年で1,018名がスクリーニングされ、その中で389名が登録されました。
   更にその中で200名が経口ステロイド服用群、189名がコントロール群に振り分けられました。

2) 主要転帰としての聴力の十分な回復は、5週間で経口ステロイド服用群では73名(40%)
   プラセーボ群で59名(33%)でした。

3) 両群とも5週間、6カ月、1年と経過を見ていくと、高頻度で聴力の改善が見られています。
    (今までの研究では自然治癒は3か月で28%、6カ月で42%と言われています。)
   本研究の結論では、両群で明白な差はなかった。
   経口ステロイド服用では、14人中1人に効果があったとしか言えない。
   つまり多くの患児が自然治癒する結果でした。
   中耳炎の症状に関しては1年経過観察でみますと、ステロイド服用群で68%、プラセーボ群で61%
   継続していました。

4) ガイドラインでも3か月までは経過観察でも良いが(watchful waiting)、3カ月しても聴力障害が
   あったり言葉の遅延が認められたら、専門医へ紹介すべきとしています。





私見)
 経口ステロイドは滲出性中耳炎にとって有効な治療選択ですが、本論文の筆者も述べていますが、その
 効果は限定的で14人中1人程度と認識すべきとしています。有効な治療に関しては、今後の課題として
 います。
 鼓膜チューブか経口ステロイドか、門外漢の私には判断が出来ませんが、その効果も限定的である事を
 説明し、コンセンサスを得る事も大事なようです。






中耳炎 ステロイド.pdf

中耳炎.pdf







posted by 斎賀一 at 20:52| Comment(2) | 小児科