2018年09月19日

治療抵抗性高血圧症のガイドライン

治療抵抗性高血圧症のガイドライン

 Resistant Hypertension: Detection, Evaluation, and Management




0919.PNG


   

 アメリカのAHAから、治療抵抗性高血圧症(aTRH)に関するガイドラインが出ています。
2017年の高血圧ガイドラインに沿った内容で、今回はaTRHに絞って発表しています。
心血管疾患の10年リスクが10%以上の場合は、降圧目標を130/80以下としていますが、それに呼応
してaTRHも定義されています。


纏めてみますと

1) 定 義
   3種類の異なる降圧剤を使用しても、目標血圧に到達できない場合を言う。
   aTRHは心血管疾患のリスクが高まるばかりでなく、多剤併用となるので副作用も増加する。
   そのため適切な診断と治療が求められる。
   aTRHとは、下記の要因が一つでもあれば除外される。
    ・薬剤の容量が不十分
    ・きちんと服用していない (アドヘランス)
    ・自宅での血圧測定がされていない。
   白衣高血圧は原則的にaTRHに含めない。
   (白衣高血圧は、コントロールされた高血圧とリスクが同じであるため)
   実地医家の場合で15~18%がaTRHである。

2) 予 後
   aTRHは腎疾患を32%悪化、虚血性心疾患は24%、心不全は46%
   脳梗塞は14%、死亡率は6%増加しています。
   全体として、aTRHでは心血管疾患のリスクが2倍増加しています。
   また薬剤の副作用も増加してしまいます。

3) 血圧測定の適正化
   排尿後、静かな部屋で足を組まずに5分間座ってから測定する。
   カフは心臓の高さに保つ。
   1分間隔で2回測定する。

4) 白衣高血圧
   家庭内自動血圧(ABPM)は予後の判定因子に関係するが、外来診療での血圧(白衣高血圧)は
   ABPMが測定されていなければ、心血管疾患との関連性において予測因子としては低い。との
   ブラジルからの報告もある。
   外来で自動測定器を用いて静かな部屋で3~6回測定する事により、白衣高血圧を除外できる。
    (本院でも検討したいと思います。)

5) ライフスタイル
    ・肥満
    ・食塩
    ・アルコール
    ・運動
    ・薬剤関係
    下記のPDF参照

6) 睡眠障害と偽性褐色細胞腫 (psudopheochromocytoma)
   (本ガイドラインのメインテーマの様です)
   1999年より偽性褐色細胞腫の用語が提唱されています。
   急な血圧の上昇を呈して本来の褐色細胞腫を否定でき、且つパニック障害や心理的ストレスもない
   事を想定しています。
   抗不安薬、カウンセリング、βブロッカーが奏功します。
   この概念は主に閉塞性睡眠時無呼吸発作(OSA)とは関係無く、様々な睡眠障害が含まれます。
   交感神経とレニンアンギオテンシン系の賦活が主たる病態のようです。
   これが睡眠時の高血圧状態を誘引し、血圧のコントロール不良に至ります。
   適切な睡眠時間は7~8時間とされています。
   特に60歳以下では5時間以下、60歳以上では9時間以上がこの偽性褐色細胞腫に関与して
   きます。
   治療としては、降圧利尿薬はこの場合は不適で、ARBが適しているとの事です。

7) 閉塞性睡眠時無呼吸発作 (OSA)

8) 二次性高血圧症 (省略)


  



私見)
 治療に関しては以前のブログをご参照ください。 ( “高血圧” で検索)
 外来での複数回の自動血圧測定は有効だと思いました。
 睡眠障害も治療抵抗性の場合にアプローチすべき課題と認識しましたので、職員の皆さんシステム作り
 に協力してください。
 




治療抵抗性高血圧 aha.pdf


















posted by 斎賀一 at 19:07| Comment(1) | 循環器