2018年09月18日

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬と膣カンジダ症

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬と膣カンジダ症
 
Incidence and risk of vaginal candidiasis associated with SGLT2
inhibitors in real‐world practice for women with type 2 diabetes



0918.PNG

      

 SGLT-2阻害薬は効果があり、糖尿病治療薬の第一選択薬になる勢いです。
本院でもその実感を持ち始めています。
当初懸念されていた副作用も少なく、高齢者や体重の少ない人に対しても少量処方で注意深く診療して
いけばと思っています。尿路感染症の副作用も市販後の調査では少ないとの事で安心していましたが、
今回日本からの報告で、実地臨床の現場では膣カンジダ症が多いとの報告です。



纏めてみますと

1) U型糖尿病患者の女性114名(平均年齢、53.3歳)を対象にしています。
   膣症状のない人で、SGLT-2阻害薬を服用して6カ月と12か月に膣検査(スワブ)をしています。
   ベースラインでは、膣スワブで膣カンジダが17名陽性でした。

2) 6か月の時点で40名がドロップアウトしています。
   残りの74名を調べています。この内、当初よりカンジダが陽性なのは9名です。(ベースライン)
   つまり65名が当初陰性でしたが、24名(36.9%)が6カ月で陽性となり、15.8%に症状が出現
   しています。
   ベースラインでは若い人の方がカンジダは多いのですが、これはエストロゲン誘因の糖が膣粘膜に
   多いからで、SGLT-2阻害薬を服用すると、今度は逆に閉経後の女性の方が、糖尿病による微小
   血管障害の病変によりカンジダが顕著になってしまうと説明しています。

3) 1年後まで調査できた49名を解析しますと、3.1%が陽性で、8.1%にカンジダの症状が出て
   いました。 (6〜12か月でドロップアウトしたのは25名で、カンジダ症が原因も含まれます。)






私見)
 実地臨床では膣カンジダは多いようで、事前にコンセンサスが大事なようです。





sglt2 尿路感染症1.pdf













posted by 斎賀一 at 20:59| Comment(0) | 糖尿病