2018年09月04日

少量アスピリンは一次予防に効果があるか?ARRIVE研究

少量アスピリンは一次予防に効果があるか? ARRIVE研究
 
Use of aspirin to reduce risk of initial vascular events in
patients at moderate risk of cardiovascular disease (ARRIVE)
         

0904.PNG



 今回は、雑誌LANCETからの報告です。
前回の雑誌NEJMのブログと異なり、中等度のリスクを有する糖尿病でない患者での、心血管疾患に対
する少量アスピリンの一次予防効果を調べています。


纏めますと

1) 心血管疾患の既往は無いがリスクが中等度ある人で、糖尿病を罹患していない12,546人を登録
   しています。
   具体的には、男性は55歳以上でリスクが2~4ある人、女性は60歳以上でリスクが3以上です。
   糖尿病や胃潰瘍の既往のある人は除外しています。
   ベースラインとして、75%が降圧剤を服用しており、43%がスタチンを服用していました。

2) 少量アスピリン(100mg)を服用している群と服用していない群に分けて、5年間調査をしています。
   主要転帰は、心筋梗塞、不安定狭心症、脳梗塞、一過性脳虚血発作、その他の心血管疾患関連の
   死亡です。

3) 結論的には、少量アスピリン群での発生は4.3%で、コントロール群では4.4%と差はありません
   でした。
   しかも、サブグループとしての性差、年齢、喫煙の有無、肥満度、10年リスクに関しても、少量
   アスピリンの効果はありませんでした。
   一方で、消化管出血は少量アスピリン群で1%に対して、コントロール群では0.5%との結果でした。





私見)
 以前の日本からの報告では、少量アスピリンは肥満者には効果が低いとされていましたが、本研究では
 BMIが25以下でも効果なしとの報告です。
 何れにしましても、少量アスピリンは一次予防効果には乏しいようです。






LANCET論文.pdf















posted by 斎賀一 at 18:57| Comment(1) | 循環器