2018年08月22日

コレステロールの更なる低下は有効だ?

コレステロールの更なる低下は有効だ?
 
Efficacy and Safety of Further Lowering of
Low-Density Lipoprotein Cholesterol in Patients
Starting With Very Low Levels A Meta-analysis

JAMA Cardiology Published online August 1, 2018



0822.PNG



 雑誌JAMAに、私にとっては衝撃的な論文が出ました。
悪玉と言われているLDL-コレステロール(以下LDL)は、正常範囲(140以下、下記のガイドラインを参照)にすれば欧米並み(二次予防といって、疾患を既に発症した人に対しての今後の更なる予防はLDLを70以下)にしなくても良いのではと思っていましたが、その 70 の人を対象に更にLDLを低下させたら、その効果と安全性はどうなるかとの論文がでました。(メタ解析)
 スタチン系のCTTC研究のサブ解析(LDLが70以下を開始としたグループ)とスタチン系にゼチーアを追加したIMPROVE IT研究等を調べています。


纏めますと

1) スタチン系のCTTC研究ではスタートの平均はLDLが65.7ですが、1,922例の心血管疾患が発生
   しています。LDLが38.7減少する毎にリスクも0.78に減少していました。HOPE研究は除外されて
   います。

2) スタチン系に他の脂質異常症治療薬(ゼチーアなど)を追加した研究でも、スタートが63~70でしたが
   9,570例の心血管疾患が発生しており、LDLが38.7減少する毎にリスクも0.79減少していました。
   この際、LDLは11~45まで減少しています。
   ちなみにゼチーアのIMPROVE-IT研究では18,144例が登録され、LDLは70がスタートです。
   結果はLDLを13まで減少させることが出来、リスクも7.5%減少出来ていました。

3) 厳格治療による重大な副作用も増加していませんでした。

4) 結論としてLDLが63でも更に21まで減少すれば、その効果は出現し副作用は増加しなかった。
   つまり、経験則としてLDLを40減らせば心血管疾患は20%減少する。





私見)
 目がクラクラする論文です。結果は下記のPDFをご参照ください。
 コレステロールをコントロールできたと思っても、心血管疾患を起こす患者さんがいます。
 更なる厳格治療が必要だったのでしょうか。

 (遠い昔に恋人と喧嘩をして、これで本当の恋人になれたと思った瞬間に振られた経験があります。
  更なる壁を超える必要があったのかもしれません。  ・・・ 関係ないか?)





本文論文 脂質異常腫.pdf

脂質異常症ガイドライン.pdf











posted by 斎賀一 at 20:40| Comment(1) | 脂質異常