2018年08月15日

降圧剤及び脂質異常症薬の効果とライフスタイル

降圧剤及び脂質異常症薬の効果とライフスタイル
                 :HOPE-3研究から
 
Effects of Lipid-Lowering and Antihypertensive Treatments
in Addition to Healthy Lifestyles in Primary Prevention



0815.PNG




 健康的なライフスタイルとは  1:禁煙 2:運動 3:体重 4:食事  の4項目です。
HOPE-3研究からデータを集積して、心血管疾患のリスクが中等度の12,521人を対象に、降圧剤としてブロプレス(ARB)+降圧利尿薬。脂質異常症薬としてクレストール(スタチン系)と、対象としてプラセボを服用してもらい、4項目のライフスタイルとの関係を調べました。


纏めますと

1) ライフスタイルの4項目中、2項目以上が健康的な人は、1項目以下の人に比べて心血管疾患の
   リスクは0.85でした。

2) クレストールを服用では、ライフスタイルの4項目中、2項目が健康的な人はリスクが0.74ですが
   1項目以下の人はリスクが0.79でした。

3) ブロプレス+降圧利尿薬での効果は、2項目以上が健康的な人はリスクの軽減が乏しいようですが、
   逆に1項目以下の健康的でない人の方が、リスクは0.78と効果がありました。

4) 当然ながら、ブロプレス+降圧利尿薬とクレストールの併用は効果的で、2項目以上はリスクが
   0.74で、1項目以下では0.61でした。

5) 研究中に4項目すべてが健康的な人は2%しかいませんでした。繰り返し指導する事により改善
   した人が33%だけで、現状維持が44%、残念ながら悪化した人が26%でした。

6) 結果は下記のPDFのグラフをご参照ください。





私見)
 結果を意訳しますと、何よりも健康のため4項目全てに留意することにより、薬剤療法に匹敵する効果が
 あるという事が証明されました。
 陳腐な論文(?)と侮らないでください。医療関係者は教育家と異なります。
 ライフスタイルの改善は、上記の様に大変難しいものです。
 そういう患者さんにこそ、危険因子を推し量って治療するのが腕の見せ所と思いました。





HOPE-3.pdf

hope.pdf

















posted by 斎賀一 at 13:09| Comment(1) | 循環器