2018年07月19日

今季のインフルエンザワクチンについて・AAPより

今季のインフルエンザワクチンについて・AAPより
 
American Academy of Pediatrics Advises Parents
to Choose the Flu Shot For 2018-2019 Flu Season



0719.PNG

  

 早々と今季のインフルエンザワクチンに関しての勧奨がAAP(アメリカ小児科学会)よりアナウンスされ、mediscapeの記事に載っていました。
 鼻用スプレーのインフルエンザワクチンに関してACIP(米国予防接種諮問委員会)は推奨していましたが、この鼻用は2016年にH1N1には殆ど効果が無く、H3N2に関しても効果が低い事が判明したため、ACIPは新たに、鼻用は2歳から49歳に適用範囲を広げる改訂をしました。
更にメーカーより、新型の鼻用は効果があるとのデータを基に、今季も引き続き鼻用も勧奨していく方針を発表しています。
 それに対してAAPは鼻用に関しては、一般的なインフルエンザワクチンが適用出来ない場合のみに限定し、原則的には従来通り4価の注射を勧めていますし、鼻用に関しては、やらないよりは効果があるとしています。





私見)
 鼻用に関しては日本では上市されていません。
一般的な4価ワクチン注射が一番良いとの事で勧奨しています。インフルエンザの流行型は予測が出来ません。それでも予防に関しては、ワクチンが一番有効と期待されています。

 今季は本院でも引き続きインフルエンザワクチンをお勧めします。
尚、新しいインフルエンザ治療薬が登場しています。
選択肢が増えました。






American Academy of Pediatrics Advises Parents to Choose the Fl.pdf


ワクチンインフルエンザ .pdf











posted by 斎賀一 at 14:45| Comment(1) | インフルエンザ