2018年07月14日

小児の尿路感染症に対する抗生剤の予防投与

小児の尿路感染症に対する抗生剤の予防投与
 
Uropathogen Resistance and Antibiotic
Prophylaxis: A Meta-analysis



0714.PNG

 

 膀胱尿路逆流症(VUR)は外来でも時々遭遇します。
主にエコーで、水腎症の所見から診断されることが多いようです。尿路感染症を3日間放置すると、この水腎症の瘢痕化が増悪する懸念があります。この事からVURで尿路感染症を併発しないように、抗生剤の予防投与を実施する事があります。
しかしこの治療方針は、抗生剤に対する多剤耐性菌を誘発する問題があります。


 今回、雑誌Pediatricsよりこれに関する論文が出ていましたので纏めてみました。

1) VURの18歳以下の患児で、継続して抗生剤の予防投与を行った1,299名(一度尿路感染症を併発
   した224名を含む)を登録し、予防投与しない症例、及び一般的なプラセーボをコントロール群と
   して比較検討しています。

2) 6研究から、抗生剤の予防投与による多剤耐性菌の発生頻度は0~62%でした。

3) 予防投与を行った群では、多剤耐性菌が33%でした。(コントロール群は6%)
   Broad –spectrum(広範囲に効く抗生剤)を使用すると、49%から68%になります。
   この事は予防投与をすることにより、VURのある患児の21人に対して1人に多剤耐性菌が生ずる事   
   になります。(コントロール群では一般的な乳幼児も含まれるため)
   一方で、予防投与をする事により尿路感染症の頻度を23.1%から18.3%に減少させます。
   この事はVURの患児21人に対して、1人よりも少ない人数に効果があったことになるそうです。
   つまり、効果より多剤耐性菌の害の確率が、やや上回っているようです。

4) 論者はこの事から、直ぐに予防投与を中止するように保護者に説明すべきでないとしています。
   一回以上の感染症を合併している場合や外科的処置を好まない保護者に対しては、予防投与の
   選択肢があるが、その利害を説明すべきとしています。






私見)
 本院でも尿路感染症は乳幼児の重要な鑑別疾患です。
 特にVURのある患児に対しては、日頃より保護者に説明しておくことが肝心と認識しています。
 職員の皆さん、そんなわけで尿沈渣に奮闘してください。





Uropathogen Resistance and Antibiotic Prophylaxis_ A Meta-analy.pdf

VUR解説.pdf










posted by 斎賀一 at 16:34| Comment(1) | 小児科