2018年07月10日

糖尿病の診断:一回の採血での診断の意義

糖尿病の診断:一回の採血での診断の意義

 
Prognostic Implications of Single-Sample
Confirmatory Testing For Undiagnosed Diabetes
Ann Intern Med. doi:10.7326/M18-0091



0710.PNG



 糖尿病の診断の王道は75gr糖負荷試験だと思いますが、吐き気を呈する人や簡便さから、本院ではあまり積極的には行っていません。日本での診断のガイドラインでは欧米と歩調を合わせる形で、空腹時血糖とヘモグロビンA1cの組み合わせを推奨しています。基本的にはA1cは治療のコントロールを見る指標であり、空腹時血糖を診断の主体と捉えています。(詳細は下記のPDFを参照)

 今回、アメリカの雑誌Annals of internal medicineより、一回だけの採血で空腹時血糖とヘモグロビンA1cを同時に検査して、糖尿病を診断する提案がありました。


纏めてみますと

1) 2009年以降、ヘモグロビンA1cを診断に取り入れようとの傾向が多くなり、その方向で診断基準が
   作成されています。その正常値は6.5%以下となっていますが、これは糖尿性網膜症の発生との
   関係です。

2) 1987~1989年にARIC(atherosclerosis risk in communities)を受診した、まだ糖尿病と
   診断されていない14,348名が登録されました。
   ヘモグロビンA1cが利用出来るようになった1990~1992年にARICを2回受診した人を最後に選ん
   でいます。最終的には13,346人です。

3) ○ 確定型(confirmed) : 空腹時血糖が126mg/dl以上で、且つA1cが6.5%以上の人
   ○ 不確定型(unconfirmed) : 空腹時血糖か又はA1cが高値の人
                         実際は空腹時血糖だけが高い人が多くA1cだけが高値の人は
                         少なかったようです。
   ○ 糖尿病型 : 自己申告制で、糖尿病と診断されているか糖尿病の薬を服用している人

     以上に定義しています。

4) 結論的には
   確定型(confirmed)は経過5年では明白ではありませんが、15年経過すると97.3%で糖尿病の
   診断となっています。
   一方、不確定型(unconfirmed)では15年経過しても糖尿病の診断は71.7%にしかなりませんが、
   心血管疾患や腎障害(CKD)の発生は、確定型とあまり差はありませんでした。
   詳細はPDFのグラフをご参照ください。

5) 筆者は一回だけの採血でも診断価値はあり、また不確定型でも合併症の発生が多く、治療の介入を
   する事が出来るとしています。




私見)
 日本のガイドラインとほぼ同じですが、経過がハッキリしました。
 またUnconfirmedは糖尿病型とほぼ同じのようです。
 本院でも慢性疾患の患者さんで糖尿病を疑う場合は空腹時血糖(場合により食後血糖)とヘモグロビン
 A1cの同時測定を、年に1回は実施したいと思います。



 ◆参考書籍

  糖尿病治療ガイド 2014-2015 : 文光堂
  糖尿病治療のエッセンス 2017年版 : 文光堂
  最近の糖尿病の実地日常診療  medical practice vol.32 no.1 2015 : 文光堂





annal文献.pdf

糖尿病書籍.pdf











posted by 斎賀一 at 20:04| Comment(0) | 糖尿病