2018年07月07日

気管支喘息吸入薬の吸入ステロイド+LABAは安全

気管支喘息吸入薬の吸入ステロイド+LABAは安全
 
Combined Analysis of Asthma Safety
Trials of Long-Acting β2-Agonists
N Engl J Med 2018;378:2497-505



0707.PNG



 長期作用型の気管支拡張吸入薬(LABA)が上市された時は、その効果と使用方法に驚愕を受けたことを覚えています。
しかしその後黒人を中心とした死亡例の報告があり(SMART試験)、アメリカのFDAの警告によりwarning boxに入ってしまいました。その後はLABAと吸入ステロイドを併用すれば重大な副作用は無いとされ、混合薬が使用されています。
しかし、少数例ながら併用でも重大な事象の懸念から、FDAは各メーカーに市販後調査を命令しました。アストラゼネカ(シムビコート)、グラクソスミスクライン(アドエア、レルペア)、メルク、ノバルティスの4社
です。FDAの管理下で同様なプロトコールの基で調査を行いました。この管理委員会に雑誌NEJMも加わっています。
(尚、予め混合したものと別々に併用したのかが明白でないため、ブログでは混合薬とか併用薬と記載しますが、同じ意味に解釈してください。)



論文を纏めますと

1) 主要転帰(一次エンドポイント)は喘息に関連した挿管や死亡、副次的転帰(二次エンドポイント)は
   重篤な喘息関連の状態、喘息発作などとしています。

2) 対象は36,010人を吸入ステロイド+LABAの併用療法の群と吸入ステロイド単独の群の2群に
   分けています。

3) 喘息に関連する挿管が 3件(吸入ステロイド群 2 件、併用療法群 1 件)と、喘息に関連する死亡
   が 2 件(いずれも併用療法群)ありました。
   これは1/7,200人の発生です。
   重篤な喘息関連イベント(入院、挿管、死亡の複合)の副次的解析では、1件以上の複合イベントが
   吸入ステロイド群 18,006 例中 108 例(0.60%)と、併用療法群 18,004 例中 119 例
   (0.66%)で発生し(併用療法群の相対リスク 1.09)、1 件以上の急性喘息増悪発作が、吸入ステ
   ロイド群の 2,100 例(11.7%)と、併用療法群の 1,768 例(9.8%)で発生した。
   (相対リスク 0.83)
   明らかに併用療法の方が有効でした。

4) LABA+吸入ステロイド併用療法では、吸入ステロイド単独と比較して重篤な喘息関連イベントの
   リスクが有意に高まる結果とはならず、喘息発作が有意に少なかった。
   これは併用の方が喘息増悪を17%減少していました。

5) 併用の方で増悪する場合がありましたが、これは治療に対する反応が悪い喘息のパターンもあり、
   対象が多くなればこのような一群が存在するのは仕方ないと説明しています。

6) 結論として、LABA+吸入ステロイド併用療法では吸入ステロイド単独と比較して、重篤な喘息関連
   イベントのリスクが有意に高まる結果とはならず、喘息発作が有意に少なかった。

7) 論文の最後にLABA+吸入ステロイド併用の併用療法はFDAのwarning boxから解き放されたと
   しています。





私見)
 LABA+吸入ステロイドの合剤が無罪放免となり嬉しい限りですが、更に発作の時だけ吸入ステロイドに
LABAを使用したり、更にお許しが出ればLABA単独の発作時使用も可能な時が来ないかと夢見ながら。

お休みなさい。




吸入薬.pdf

配合剤.pdf













posted by 斎賀一 at 15:30| Comment(1) | 喘息・呼吸器・アレルギー