2018年07月05日

乳幼児におけるライノウイルスと細菌感染症との関係

乳幼児におけるライノウイルスと細菌感染症との関係
 
Rhinovirus in Febrile Infants and Risk of Bacterial Infection
PEDIATRICS Volume 141, number 2, February 2018:e20172384


0705.PNG



 私のブログで以前紹介しました(2018-01-22)ライノウイルスに関する記事が気になっておりましたが、今回元文献のfullを読んで再検討しました。


再度確認した点のみを纏めてみました。詳細は下記のPDFのグラフで検討します。


1) ライノウイルス感染症は乳幼児の最も多い呼吸器感染症ですが、無症状の事も多く、注意が必要
   です。また、ライノウイルスは排出も長期間に及びます。

2) 対象は重症感の無い(well-appearing)生後3か月以内の発熱患児で、外来受診後24時間以内に
   救急外来受診、または入院をした10,964人を対象にしています。

3) 細菌感染症の合併を 1;ライノウイルス、2;その他のウイルス、3;ウイルスが同定されない
   以上の3群に分けて調べています。
   細菌感染症としては、尿路感染症、敗血症、侵襲的感染症、髄膜炎です。

4) 55%にウイルスが同定されました。
   38%がライノウイルス、35%がライノウイルス単独、7%がRSウイルスでした。
   細菌感染症合併は9.5%、その中で尿路感染症が6.6%、菌血症が2.6%、髄膜炎が0.3%でした。

5) 結論的には、ウイルスが同定されない場合、細菌感染症の可能性は3.5倍の危険率である。
   ウイルスが同定されても、ライノウイルスの場合は他のウイルスよりも細菌感染症合併の可能性が
   2.21倍となる。





私見)
 一般外来ではライノウイルスの検査は出来ません。
 外来で出来る迅速ウイルス検査を活用して診断出来れば良いのですが、同定出来ない場合はライノ
 ウイルスである可能性から細菌感染の可能性をも視野に入れる必要があります。
 本院でのその確率は7.5%~12.5%です。





ライノウイルス.pdf














posted by 斎賀一 at 13:49| Comment(0) | 小児科