2018年06月25日

内視鏡検査後の感染症

内視鏡検査後の感染症
 
Rates of infection after colonoscopy and osophagogastroduodenoscopy
in ambulatory surgery centres in the USA



0625.PNG




 胃内視鏡及び大腸ファイバー検査後の細菌感染症発生(大腸菌、クレブシェラなど)に関して、英国の
医師会雑誌のBMJのGUTより論文が出ていましたので掲載します。
 (なんでアメリカのデータなのでしょうか?)


纏めますと

1) 2014年のアメリカの6州で調査をしました。
   外来診療のセンター(ambulatory surgery center)で実施した胃カメラ700万人と大腸ファイバー
   1,500万人を、マンモグラフィーと比較しています。(マンモグラフィーは感染を誘発しないとの前提
   です。)

2) 検査実施後1週間以内での感染症発生頻度は
   マンモグラフィーで    0.6人/1,000人 
   大腸ファイバーのスクリーニング検査では    1.1人/1,000人
   非スクリーニング性大腸ファイバーで    1.6人/1,000人
   胃カメラでは    3.0人/1,000人 でした。

   検査後1か月では、マンモグラフィーで    2.9人/1,000人  
   大腸ファイバースクリーニングで    4.0人/1,000人
   非スクリーニング性大腸ファイバーで    5.4人/1,000人
   胃カメラで    10.8人/1,000人 でした。

3) 施設間差がありました。この点の解析が必要と述べています。

4) この論文には明らかな限界とバイアスがあります。
   従来から感染症があり、検査を実施しなくても細菌感染症は起きていたかもしれません。
   しかし、検査後の胃腸症状の増悪に関しては、因果関係を検討すべきとしています。
   また危険因子として、高齢者、1か月以内の入院歴、頻回の内視鏡検査、を挙げています。





私見)
 日本では自動洗浄装置が普及していますし、学会でのガイドラインの遵守を基本としています。
 張本さんの言うようにアメリカのやっている事ですので。
 しかしコンプライアンスのチェックは、さすがアメリカと思いました。
 今まで通りにガイドラインの遵守に努めましょう。





内視鏡 感染.pdf







posted by 斎賀一 at 19:55| Comment(1) | 消化器・PPI