2018年06月11日

肥満者におけるメタボの危険予測マーカー

肥満者におけるメタボの危険予測マーカー

 
Central adiposity markers, plasma lipid profile and cardiometabolic
 risk prediction in overweight-obese individuals
R. Barazzoni et al. / Clinical Nutrition xxx (2018) 1-9




 BMIが25以上の人は、インスリン抵抗性との関係でメタボリック症候群に繋がります。最近ではメタボリック症候群の予測マーカーとしていろいろ提言がなされていますが、未だに明白ではない様です。

マーカーについて若干復習をしてみます。
a)WC(腹囲)、b)BMI、c)身長関連として、WTH(weight-to-heigh)、BRI、 ABSI(脂質を含めない)、
VAI(脂質を含む)があります。


 計算式は下記の通りです。



         0611.PNG


 
 最近の論文では、WCの疑問視やそれに代わるABSIの有効性が議論されています。
今回、雑誌Clinical Nutritionより論文が出ましたので纏めてみました。


1) イタリアからの報告です。
   1,965名の肥満者を対象に、5年後のメタボリック症候群の変動を調べています。
   メタボリック症候群はインスリン抵抗性をもって診断しています。
   平均年齢は49歳、平均BMIは26.7
   5年間観察できたのは263名で、平均年齢は55歳、BMIは30.7でした。

2) ベースラインではWTHとBRIは同等に、インスリン抵抗性と関連性がありました。
   5年後の予測マーカーとしては全て同様に有効でした。

3) VALに脂質因子(HDLと中性脂肪)を含めないと診断価値は下がりますが、逆にABSIに脂質因子を
   加算しますと診断価値は上がります。つまり脂質因子が決め手となります。

4) 詳細は下記のPDFをご参照ください。

5) 結論的には腹囲やBMIに代わる色々なマーカーが提案されていますが、それ程代替するだけの価値
   はないようで、脂質因子(中性脂肪、HDL)をそれらのマーカーに加算してこそ診断の価値があるとの
   事です。





私見)
 日本での特定健診は上記の理由からも理にかなっています。
 また、統計学は下記の書籍より抜粋しPDF化しました。


 ○ ゼロから学ぶ医学統計 ; 能登洋氏   ナツメ社



 下記はABSIの計算のネット情報です。


http://www.absi-calculator.com/



メタボ文献.pdf

感度と1−特異度.pdf

メタボリックシンドローム.pdf

特定健康診査 市原市.pdf














posted by 斎賀一 at 19:21| Comment(0) | 脂質異常