2018年05月26日

一過性脳虚血発作(TIA)の5年間の予後

一過性脳虚血発作(TIA)の5年間の予後
 
Five-Year Risk of Stroke after TIA or Minor Ischemic Stroke
This article was published on May 16, 2018,at NEJM



0526.PNG



 以前よりTIAの予後に関して、発症後1年の経過観察での論文が多くありましたが、今回はNEJMより
比較的長期の5年間での調査論文がオンラインで発表になりましたので、纏めてみました。
尚、TIA疾患の定義と予後判定に有用なABCD2スコアに関しては、下記のPDFをご参照ください。


1) 調査方法はsuppleより下記のPDFに掲載しました。
   2009~2011年に発症したTIA患者で、発症後1年間の経過観察が出来た症例を更に5年間調査
   しています。1年間の調査の中で50%以上が、5年間も経過観察出来たsite(施設データ)のみを
   採用しています。
   3,847名が最終的に登録されました。

2) 主要転帰(primary outcome)は心血管疾患による死亡、非死亡の脳卒中、非死亡の心筋梗塞
   です。
   主要転帰の発症は469名、その中で2〜5年間には235名が発症しており50.1%でした。
   脳卒中に関しては5年間で345名でしたが、2〜5年間では149名(43.2%)の発症です。つまり1年
   経過後でも同数のイベント発生です。 (この数字の解析はグラフにて説明しますが、英語圏でない
   私にとってやや不親切ではとの印象です。)

3) ABCD2スコアで、4以上がその後の脳卒中発症に関与していました。

4) TIA発症後、1年以内に脳卒中を含めた心血管疾患の発症は6.4%ですが、2〜5年の経過でも
   6.4%と同程度の頻度で発症しています。
   この発症率が以前の報告よりも少ないのは、治療の積極的介入としています。

5) 再度解説しますと、以前からTIA発症の1年以内が重視されているが、その後も注意が必要との
   事です。






私見)
 TIA発症後に積極的な介入治療にもかかわらず、2〜5年の間にも同程度の発症をする事には落胆
 しますが、驚くべきことではないとの論評もあります。
 如何にライフスタイルの改善つまり禁煙、減量、運動が大事かとコメントしています。
 TIAの予後に関する以前の論文も含めて、下記にPDF化しました。






本論文より.pdf

以前のNEJMの論文.pdf

TIAのネット情報.pdf











posted by 斎賀一 at 15:04| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害

糖尿病の糖質制限について

糖尿病の糖質制限について
             <業務連絡用>




     日経ミディカルより以前に総説が載っていましたので勉強してください。
    今後、院内で糖尿病の指導をレベルアップするためにブログでシリーズを企画しています。
    書籍は院内の本棚に置いておきます。






     糖質制限 dm.pdf








posted by 斎賀一 at 14:26| Comment(0) | 糖尿病