2018年03月31日

尿酸値と痛風との関係

尿酸値と痛風との関係

Relationship between serum urate concentration and clinically
evident incident gout: an individual participant data analysis



0331.PNG




 痛風とは、尿酸が関節に沈着し、それを異物と認識した白血球が遊走してきて貪食をする炎症過程が
痛風発作です。従って尿酸値が高いだけでは、又沈着だけでは痛風発作は起きません。
しかし以前より言われていますが、6−7−8の理論といって尿酸値が6が正常、7が要注意、8で
痛風発作とされていました。患者さんにも8以上では5人に1人は痛風発作が起きるから注意しましょう
と指導していましたが、今回その辺の事情を示す論文が出ました。
(男性と女性で正常値が異なると言った誤った情報がありますが、これは女性が閉経前では尿酸値が
低いから平均値が当然低値となるのであって、正常とはかけ離れた問題です。つまり、正常値は男女
とも同じです。)


前置きはさておき本論文を纏めてみますと、

 1) 女性では尿酸値が高くても、男性に比して痛風になりにくいのは高尿酸血症になって3年間だけで、
    やがて10〜15年経つと男性と同等の痛風罹患率となる。
    つまり、女性では高尿酸に晒されるのが閉経後だから、高尿酸血症が長くなればなるほど痛風の
    罹患率は男女とも結局同じ様に増加する。

 2) 212,363人の痛風の既往のない人を対象に研究しています。
    平均経過観察期間は11.2年です。

 3) 痛風発作の累積を3年、5年、10年、15年と調べました。

 4) 最初のベースラインの尿酸値が6mg/dlと比較すると、15年間の長期に高尿酸血症に晒されると
    6.0~6.9では3倍、7.0~7.9では6倍、8.0~8.9では15倍、9.0~9.9では30倍、10.0以上では
    60倍の痛風発作率です。
    結論的には15年間の累積では6.0以下では1.1%であるが、10.0以上では49%の痛風発作の
    発生頻度であった。
    つまり性差、年齢、高尿酸血症の期間が痛風発作の要因となる。

 5) 中等度の高尿酸血症では痛風発作の頻度は低いし、高度な高尿酸血症でも必ずしも痛風発作に
    なるとは限らない。長期間でも発作が無い場合もある。
    なぜ痛風発作にならないかは尿酸の結晶形成を促進する因子、遺伝的背景、環境因子、
    炎症の反応の相違が関係しているかもしれないとしています。




私見)
 痛風発作の既往が無い人には、高尿酸血症があるからと言って直ちに薬物療法をしなくても良いかも
しれません。
 但し、心血管疾患との関係も問題視されていますので他の危険因子とも勘案して注意深く観察する
必要はあります。
  以前の私のブログも参照ください(尿酸で検索)



Relationship between serum urate concentration and clinically e.pdf









posted by 斎賀一 at 15:01| Comment(2) | 整形外科・痛風・高尿酸血症