2018年03月17日

前立腺癌の診断に直腸指診は無効?

前立腺癌の診断に直腸指診は無効?

Digital Rectal Examination for Prostate Cancer Screening
in Primary Care: A Systematic Review and Meta-Analysis



0317.PNG




 前立腺癌の検診にPSAが導入されてから、私も直腸指診を忘れていました。
今回の論文では、スクリーニングとして直腸指診は無効で、却って害になるとの報告です。
ほっとしましたが、良く考えるとそうとは言えない感じもいたします。


簡単に纏めてみますと

1) 直腸指診は過剰診断と過剰治療(生検も含めて)に繋がる。

2) はっきりした死亡率の改善には至らない。つまり治療可能な前立腺癌の発見には効果が無く、進行癌
   の発見が主になっている。

3) 直腸指診の特異度は0.59、感度は0.51

4) はっきりしたエビデンスがないので、直腸指診単独やPSAとのコンビネーションの両方ともスクリー
   ニングに推奨しない。



         0317-2.PNG



   “当たるも八卦、当たらぬも八卦” でしょうか

しかし論文中にも記載されていますが、直腸指診とPSAを組み合わせた場合には、ハッキリした効果は
無いにしても捨てがたいデータを示しています。
その点をUPTODATEから調べ直して、こちらも纏めてみました。


1) 長い間直腸指診は行われてきたが、どの年齢層でも死亡率の低下には貢献していない。

2) 前立腺の後壁と側壁は直腸指診で診断できるが、それ以外の部位でも癌は発生する。
   更に直腸指診だけでは、進行癌の発見は出来るがステージTの発見は出来ない。

3) 直腸指診の診断確率は5~30%で、メタ解析では28%

4) 直腸指診とPSAとのコンビネーションを調べると
   ・PSAが正常で、直腸指診が陽性の場合の診断確率は 10%、
    ・直腸指診が陰性で、PSAが異常値での診断確率は 24%、
   ・つまり、PSAが1.0以下での直腸指診の診断は劣るが、3.0~4.0の範囲では診断は高まる。

5) 以上より、各ガイドラインは直腸指診のスクリーニングでの実施は、PSAとのコンビネーションを
   含めて推奨していない。





私見)
 何やら後ろ髪を引かれる思いです。
 私はスクリーニングの世界で生活していませんし、蓮池の泥の中で仕事をしている身では、PSAが 
 4以上では経時的観察も大事ですが、直腸指診とエコーの所見を見定めなくてはいけない様な気が
 しました。

    




前立腺癌 指診 文献.pdf

pubmed.pdf









posted by 斎賀一 at 14:29| Comment(1) | 泌尿器・腎臓・前立腺